申し込み・問合せ先
〒072-0057 北海道美唄市西美唄町大曲3区
℡:0126-66-5066、FAX:0126-66-5067、mail:mwwc2アsnow.ocn.ne.jp(アを@に)
または直接どうぞ!

 ○●イベント情報(2014年度)○●
▼ お気楽バードウォッチング   毎週土曜日9時~9時半 (定期)
センタースタッフと一緒に、お気軽・お気楽にバードウォッチングをしましょう!!
双眼鏡の使い方から、小鳥のさえずりの聞き分け、エクリプスの見分け方などなど、、、 その時々の季節に応じて野鳥を観察しています。モニタリング調査も兼ねているので、調査用紙への記入もお願いしています! バードウォッチングを始めようとしている初心者から、もう少しバードウォッチングの幅を広げたいと思っている方まで。
※大雨、猛吹雪など、悪天候の時は中止する場合もあります。
 農家ランチ付き季節のガイドウォーク 偶数月・第三日曜日10時~13時 (定期)
※2013年度は「第三土曜日」でしたが、2014年度は「第三日曜日」に変更しました。
※自由に歩ける『あぜ道フットパス』の地図はこちら。

今年もやります。『あぜ道フットパス』と『農家の奥さま食堂(こめ粉食Love)』のコラボイベント。 その時々の最高の景色やテーマにあわせたオリジナルのフットパスルートをスタッフ&地域ガイド!?と一緒に歩き、 気持よく散策した後は、旬の地場産食材を中心としたランチをいただきます。 ふるってご参加下さい

 第一回;2014/06/15(日)10時~13時 ※申込期限06/08
 第二回;2014/08/17(日)10時~13時 ※申込期限08/10
 第三回;2014/10/19(日)10時~13時 ※申込期限10/12
 第四回;2014/12/21(日)10時~13時 ※申込期限12/14

 【参加費】2000円(含昼食代)、【定員】各回20人、【持ち物】歩きやすい格好
 ※大雨、猛吹雪など、悪天候の時は中止する場合もあります。

▼ 湿地センター年末交流会 12/14(日)10時から
毎年恒例、年末大交流会。宮島沼好きなみなさま、是非お集まり下さい。 「宮島沼ミニ講座&マガレンジャー報告会&お餅つき・・・」などなど 内容盛りだくさんでお届けします!
【持ち物】箸、お椀、お皿、飲み物/ 【その他】漬物、お茶菓子など差し入れ大歓迎!
▼ 知恵袋・おじぃちゃんに教わるしめ縄作り12/7(日)10~12時
「知恵袋」シリーズ第二弾。
お正月のしめ縄飾りを、自分で作ってみませんか? 先生はもちろん、地域のおじぃちゃんたちおばぁちゃんたち。 昔話を聞きながら、年末年始に神さまを迎える準備をいたしましょう~。
【持ち物】霧吹き、はさみ/【定 員】先着10名/ 【申込み】11/30まで/【備考】お飾りを作る場合は500円程度のお飾り代がかかります
▼ 米麹からの味噌作り11/24(月・祝)&30(日)10~12時
※両日参加できることが条件です
手作りの手前味噌を作ってみませんか?
ふゆみずたんぼin宮島沼のお米で米麹を作り、 美唄産大豆を使ってお味噌を仕込みます。 仕込んだお味噌は持ち帰っていただき、ご自宅で熟成。 1年後には美味しいお味噌が食べられますよ。
【参加費】1000円/【持ち物】お申込の際お知らせします/【定員】先着8組/ 【申し込み】10/31まで
▼ 知恵袋・おばぁちゃんに教わるわら草履作り11/3(月・祝)10~16時
「知恵袋」シリーズ第一弾。
冬水田んぼの稲わらで「わら草履」作りにチャレンジします! 先生は、地域のおばぁちゃんたち。 皆で持ち寄ったおやつを食べなら、おばぁちゃんたちとおしゃべりしながら、 わいわい楽しくわら草履作りをいたしましょう~。
【持ち物】霧吹き、はさみ、弁当/【定員】先着10名/ 【申し込み】10/31まで
▼ ボランティア講習会 11月実施予定
『世界に誇る、ラムサール条約登録湿地・宮島沼』で一緒に活動しませんか!

自然解説、マナー啓発、展示物作成、草刈&雪かき、 ビオトープ作り、マガン調査、水鳥調査、魚類・小型哺乳類・水生植物・水質調査、 などなど。
「やりたい!」と思ったことを、「今日は時間があるな~」という時に 「楽しく」活動するのが、宮島沼センターボランティアです。
ボランティアは年間を通じて登録できますが、この機会に是非、 講習会に参加して、センターや宮島沼の基礎知識を身につけましょう。

「午前;宮島沼についての講習会」「午後;宮島沼の水質保全のためのヨシ刈り」を行う予定です。
▼ たっぷり雁観会(センター寝袋泊) 10/4(土)16時~5(日)7時頃
マガンのねぐら入り&ねぐら立ちの両方をいっぺんに楽しめる観察会です。 夜にはマガン講習会も実施します。
【集合・解散】宮島沼水鳥・湿地センター
【参加費】2000円(夕食、軽朝食付き)
【持ち物】寝袋、防寒着(毛糸の帽子、手袋など、)、あれば双眼鏡(貸出あり)
【申し込み】9/27まで、先着20名(小学2年生以下は保護者同伴、大人と同様のスケジュールで動けることが条件です)

▼ 秋季マガン飛来ピーク日当てクイズ
マガンの秋季飛来ピーク日を当てて
美唄産ななつぼしのお米2kg(坂本ファーム提供)
を(正解者の中から抽選で3名)をゲットしよう!
【応募方法】
下記3点を明記のうえ、葉書、メール、FAXのいずれかの方法でご応募下さい。
①飛来ピークの予想日(○月○日)、②氏名、③連絡先(〒住所、電話)
【ルール】
①センタースタッフが実施しているねぐら入りカウント調査結果におけるピーク日
②お1人様1回、複数応募の場合は無効とさせていただきます。
【応募締切】
9/15消印有効
【ヒント(今までの飛来ピーク日)】 
2010/9/30、2012/9/27、2013/10/1
▼ 宮島沼カントリーフェス 8/31(日)
今年もやります! 「食・農」「環境」「交流」をテーマとした手作りの農業祭。 地場産食材を利用した軽食「農家の奥さま食堂」、激安軽トラ野菜市、ドジョウつかみ取り、ミニゲームなどなどお楽しみ満載です。 是非遊びに来てください。 詳しくは宮島沼プロジェクトチームをどうぞ
▼ みんなでマガンを数える会 4/29(火・祝)17~19時頃
夕方、周辺の田んぼから一斉に宮島沼に戻ってくるマガンをみんなで数えます。 経験豊富なリーダーがいますので未経験者の方でも大丈夫!! 万羽を越すマガンを、まずは数えてみませんか? (このイベントで数えたマガンの集計結果は公式な調査記録となります!)
【持ち物】防寒着(毛糸の帽子、手袋など、)、やる気!、あれば双眼鏡&カウンタ(貸出あり)
【申込み】4/24まで
【その他】数える会の前に沼周辺のゴミ拾いを実施します。ご協力いただける方は16時にお集まりください。
▼ 子ども湿地交流会in宮島沼 4/26(土)~27(日)  
自然戦隊マガレンジャー主催の「こどもの、子どもによる、子どものための子ども湿地交流会を開催します。 詳しくは子供たちの活動をどうぞ
▼ 春季・たっぷり雁観会(ホテル泊) 4/19(土)17時~20(日)7時頃
マガンのねぐら入り&ねぐら立ちの両方をいっぺんに楽しめる観察会です。 夜にはマガン講習会も実施します。夕食、朝食、温泉つきです。
※秋季・たっぷり雁観会(予定;10/4-5)はセンター寝袋泊で実施します

【集合・解散】月形温泉ホテル ※ホテル←→宮島沼の間は送迎バスで移動します
【参加費】5000円(寝袋泊)、7000円(部屋泊)
【持ち物】寝袋(大部屋での宿泊)、防寒着(毛糸の帽子、手袋など、)、あれば双眼鏡(貸出あり)
【申し込み】4/12まで、先着20名(小学2年生以下は保護者同伴、大人と同様のスケジュールで動けることが条件です)

▼ 宮島沼写真展 作品募集中
センターの屋根修繕が終わりました!今春は実施します。ふるってご応募下さい。

【募集期間】 4/15必着
【展示期間】 4/16~5/31予定
【応募方法】 「題名(ふりがな)」「撮影年月日」「氏名(ふりがな)」「連絡先(〒住所、電話)」「あればペンネーム」を 応募写真の裏面に明記(紙貼付でも可)し、郵送またはご持参下さい。
【応募規定】
・ 応募者は応募作品の製作者であり、かつ応募作品の著作権を完全に保有していること
・ 宮島沼とその周辺で撮られた写真であること
・ 6切り(A4)以上にプリントされたもの
・ 鮮明であること(ピンぼけ等していないこと)
・ ただし、古い記録写真等希少性の高い写真については大きさや鮮明度は問いません

【その他】
・ 写真は最大限の注意をもって取り扱いますが、もしもの際の損傷、紛失等には責任を負いかねます
・ 写真の搬入・搬出は応募者で行ってください。郵送の場合は送料をご負担下さい。
・ 応募作品はお一人1点までとさせていただきます。
【問合せ・送付先】
宮島沼水鳥・湿地センター
〒072-0057 美唄市西美唄町大曲3区
電話;0126-66-5066
メール;mwwc2アsnow.ocn.ne.jp
(上記アドレスのアを@に置き換えて下さい)
▼ 2014年度自然戦隊マガレンジャー隊員募集  
自然戦隊マガレンジャーとは、宮島沼とマガンを愛する正義のヒーローのことである!
君達の活躍を心から期待している。

■マガレンジャーの心得
その1;マガレンジャーは自然を大切にします。
その2;マガレンジャーは宮島沼のいきものを守ります。
その3;マガレンジャーはともだちとなかよくします。

■応募方法
自然戦隊マガレンジャー本部(副隊長・岡野香子)まで「①名前」「②学校名・学年」「③電話番号」「④住所」隊員自ら連絡せよ。なお、マガレンジャー隊員に応募できるのはマガレンジャー心得(こころえ)を 十分理解した美唄市内に住む小学3年生~高校3年生が条件だ。

自然戦隊マガレンジャー本部(宮島沼水鳥・湿地センター内)・・・電話;0126-66-5066
※今までの活動の様子は子供たちの活動のページへ
▼ 環境学習会「鳥インフルエンザとマガンのはなし」 2013年3月29日(土)14~15時半
宮島沼でマガンの研究を行い、現在は国立環境研究所で活躍する森口紗千子さんを招いて、 久しぶりの環境学習会を実施します。 内容は、もしかしたら非常にタイムリーな話題になるかもしれない「鳥インフルエンザ」についてと、 マガンがこれからどのように増えていくのか、 また、食害対策や感染症対策のためにも必要な分散化をどのように進めていくのかなど「マガンの分布と動態」について、 わかりやすく解説してもらいます。
【場所】宮島沼水鳥・湿地センター
【講師】森口紗千子(国立環境研究所)
【内容】「鳥インフルエンザと野鳥の関係」「マガンの分布と動態に関する研究」
【申込】不要
【備考】詳しくはこちらをご確認下さい。
▼ 第3回・宮島沼研究発表会 2013年2月20日(木)14~17時半
宮島沼における各種研究課題に関する情報交換を目的とした「宮島沼研究発表会」を開催します。 なお、本発表会はウェットランドセミナー,宮島沼の会の環境学習会の一環として行い、 広く湿地研究者や関心のある市民等にも参加を呼びかけています。
【場所】北海道大学 農学部新棟多目的室(W109)
【今回の重点テーマ】
・宮島沼の水環境の保全~特に周辺農地のほ場整備事業との関連
・国内外来種であるトノサマガエルの管理
・宮島沼の保全とワイズユースに向けた戦略と協働
【講演者】
・遠井朗子(酪農学園大学・環境法研究室)
・更科美帆(酪農学園大学・野生動物保護管理学研究室)
・古川雄大(酪農学園大学・環境地球化学研究室)
・吉田浩平(酪農学園大学・環境地球化学研究室)
・吉田磨 (酪農学園大学・環境地球化学研究室)
・中谷暢丈(酪農学園大学・水質化学研究室)
・前田充登(北海道大学大学院工学研究院)
・小澤就志(北海道大学大学院工学研究院)
・岡部聡 (北海道大学大学院工学研究院)
・石井聡 (北海道大学大学院工学研究院)
・山田浩之(北海道大学農学研究院)
・柏木淳一(北海道大学農学研究院)
・小丹枝基範(北海道空知総合振興局産業振興部調整課)
・朝倉裕泰(北海道空知総合振興局産業振興部調整課)
・牛山克巳(宮島沼水鳥・湿地センター)
【備考】詳しくはこちらをご確認下さい。


▼ 過去のイベント情報 ▼
  ・ 2013年度に実施されたイベント情報
  ・ 2012年度に実施されたイベント情報
  ・ 2011年度に実施されたイベント情報
  ・ 2010年度に実施されたイベント情報
  ・ 2009年度に実施されたイベント情報
  ・ 2008年度に実施されたイベント情報
  ・ 2007年度に実施されたイベント情報


 ○● 宮島沼水鳥・湿地センター ニュース ○●   
▼ 2014年 春号 pdf(560kb) 秋号 pdf(424kb)
▼ 2013年 春号 pdf(408kb) 秋号
▼ 2012年 春号 pdf(422kb) 秋号 pdf(590kb)
▼ 2011年 春号 pdf(669kb) 秋号 pdf(415kb)
▼ 2010年 春号 pdf(458kb) 秋号 pdf(466kb)
▼ 2009年 春号 pdf(428kb) 夏号 pdf(408kb) 秋号 pdf(475kb)
▼ 2008年 春号 pdf(998kb) 夏号 pdf(432kb) 秋号 pdf(388kb) 冬号 pdf(769kb)
▼ 2007年 春号 pdf(781kb) 夏号 pdf(791kb) 秋号 pdf(510kb)