申し込み・問合せ先
〒072-0057 北海道美唄市西美唄町大曲3区
℡:0126-66-5066、FAX:0126-66-5067、mail:mwwc2アsnow.ocn.ne.jp(アを@に)
または直接どうぞ!

 ○● イベント情報 ○●    ※持物などをお知らせしますので必ず事前にお申込み下さい。
▼ ボランティア講習会 3/7(土)10時~16時  
※日程が14(土)から変更になりました。

宮島沼でボランティア活動しませんか?
センターでは、自然解説、マナー啓発、展示物作成、草刈&雪かき、 ビオトープ作り、マガン調査、水鳥調査、魚類・小型哺乳類・水生植物・水質調査、 などなどお手伝いいただけるボランティアを募集しています!
ボランティアは年間を通じて登録できますが、この機会に是非、 講習会に参加して、センターや宮島沼の基礎知識を身につけましょう。

【講 師】藤巻裕蔵、牛山克巳、岡野香子
【持ち物】筆記用具、昼食、コップ

【申込み】3/6まで
【スケジュール】
09:45 受付開始
10:00 オリエンテーション
10:30 講義1;水鳥・湿地センターについて
11:00 講義2;宮島沼の基礎知識
12:00 昼食・休憩
13:00 実践;手作り展示作成&トレイル除雪
16:00 終了
世界湿地の日 ミニ・フォーラム
『石狩川流域で進む水辺の保全と再生』  2/1(日)13時から
 
『宮島沼が50年後になくなる』って本当!?
今、急速に進む水辺環境の変化。 「上流から下流まで:私たちをつなぐ湿地」がテーマの世界湿地の日にあわせ、 石狩川流域で進む水辺の保全と再生に関する二つの事業をご紹介します。 かつて存在した、日本最大の泥炭湿原とも言われる「石狩湿原」の原風景は 取り戻せるのでしょうか?

 ・ 講演① 当別川河口で進む「石狩川下流自然再生計画」
 ・ 講演② 宮島沼を救え「国指定宮島沼鳥獣保護区保全事業」
 ・ 情報提供 田んぼがすごい「ふゆみずたんぼin宮島沼」
 ・ 討論 石狩川流域の水辺の保全と再生~方向性と人々の関わり
▼ 湿地センター年末交流会 12/20(土)10時~  
今年もやります。年末交流会!!宮島沼大好きな皆様、是非ご参加下さい!
「宮島沼ミニ講座&湿地の恵みでお餅つき・・・」を行います。
【持ち物】お餅を食べるための箸&お皿、飲み物
知恵袋・おじぃちゃんおばぁちゃんに教わるしめ縄作り
12/7(日)10時~12時
 
お正月のしめ縄飾り、自分で作ってみませんか? 宮島沼の知恵袋、老人クラブのおじぃちゃんおばぁちゃんが教えてくれます。 みんなで持ち寄ったおやつをつまみながら、のんびり楽しくお正月の準備をいたしましょう。
【持ち物】おやつ、 【定員】先着10名、 【申し込み】12/5まで
マガンも食べちゃう?!美唄産小麦をいただこう!
11/15(土)10時~14時
 
美唄産小麦を使ってパンやピザを作りましょう! お腹いっぱい食べた後は「マガンと小麦の美味しくない関係」 マガンと地域農業が抱える課題についてのお勉強会を行います。
【持ち物】エプロン、お手拭き、筆記用具、 【参加費】1000円(材料費)、 【定員】先着10名
【申し込み】11/9まで
▼ ガンカモティーチャーズガイド in 宮島沼 10/19(日)10時~17時  
宮島沼の保全がしたい、環境に関わることがしたい、自然解説に興味がある・・・。
(財)日本野鳥の会のレンジャーを講師にお招きし、 宮島沼で実践している環境教育活動を軸に自然解説とは何かを体系的に学びます。 環境教育というキーワードにひっかかったあなた!
この機会をお見逃しなく。

【講 師】
(財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ
湿地センタースタッフ;牛山克巳、岡野香子

【持ち物】
野外活動に適した服装、筆記用具、昼食
マイコップ、あれば双眼鏡(貸出しあり)
※長丁場ですので、飴、チョコなどの
行動食もお持ち下さい!

【参加費】2000円(テキスト代込み)
【定 員】先着20名
【申込み】10/13(月・祝)まで
【スケジュール】
09:45
10:00


11:30
12:30



16:30
17:00
  受付開始
オリエンテーション
宮島沼の基礎知識・野鳥についての講義
宮島沼周辺ガイドウォーク
昼食・休憩
自然解説とは何か
自然解説プログラムの体験
自然解説プログラムの企画方法とは
自然解説プログラムの実践・ふりかえり
まとめ
終了
▼ 第10回マガレンジャー「マガン調査」10/11(土)14時~19時  
自然戦隊マガレンジャー隊員の追加募集をいたします!! --今年度隊員募集は終了--
今年度、夏・秋・冬の3回シリーズの、第2回目。 定員に若干余裕がありますので、隊員の追加募集を行います。 今回は、夕方のマガンねぐら入り調査を実施します。 宮島沼とマガンを守りたい子どもたち!是非マガレンジャー隊員に応募してね。 自然戦隊マガレンジャーについては こちら をチェック!

【持ち物】防寒具(毛糸の帽子、手袋、上着など)、行動食(チョコや飴、飲み物など)
【対 象】小学3年生以上、先着20名(先着順ですが、現隊員が優先です)
【申込み】10/5(日)までに要申込
▼ 秋季・たっぷり雁観会 10/4(土)16時~5(日)7時頃  
マガンのねぐら入り&ねぐら立ちの両方をいっぺんに楽しめる観察会(秋バージョン)です。
夜にはマガン講習会も実施します。
【持ち物】防寒着(上着)、寝袋(センターホールでの宿泊となります)、 あれば双眼鏡&カウンタ(貸出あり)/ 【参加費】1000円(食事代)/ 【定員】先着20名(小学生未満は保護者同伴)/ 【申し込み】9/28まで
▼ 宮島沼子供絵画展   
宮島沼子供絵画展は毎秋実施予定です!

秋季マガン飛来期に併せて、宮島沼子供絵画展を開催します!皆様ふるってご応募下さい。
応募者全員に、宮島沼特製絵葉書をプレゼント

【募集期間】 9/30(火)必着
【展示期間】 10/1(水)~31(金)予定
【応募方法】
下記4点を、応募作品の裏面に明記(紙貼付でも可)し、郵送、またはご持参下さい。
①題名(ふりがな)、②氏名(ふりがな)、③学校・学年、④連絡先(〒住所、電話)
【応募規定】
・ 宮島沼に関する絵画であること
・ 6切り(A4)以上
・ 鉛筆・クレヨン・色鉛筆・絵の具等は問いません
【その他】
・ 絵画は最大限の注意をもって取り扱いますが、もしもの際の損傷、紛失等には責任を負いかねます
・ 絵画の搬入・搬出は応募者で行ってください。郵送の場合は送料をご負担下さい。
▼ 秋季マガン飛来ピーク日当てクイズ  
今年の飛来ピーク日は10/5(5万3千羽)でした。

たくさんのご応募ありがとうございます!(応募締め切りました)
当選者の発表は商品の発送を持ってかえさせていただきます。
ちなみに。一番多かった「飛来ピークの予想日」は10/1でした。さて!いつになりますかね?!

マガンの秋季飛来ピーク日を当てて 美唄の特産品(正解者の中から抽選で3名)をゲットしよう!
【応募方法】
下記3点を明記のうえ、葉書、メール、FAXのいずれかの方法でご応募下さい。
①飛来ピークの予想日(○月○日)、②氏名、③正解の時に連絡の取れる連絡先
【ルール】
①センタースタッフが実施しているねぐら入りカウント調査結果におけるピーク日
②お1人様1回、複数応募の場合は無効とさせていただきます。
【応募締切】
9/15(月)消印有効
【ヒント(今までの飛来ピーク日)】 
2005/10/4、2006/10/3、2007/10/2
▼ 夏休み企画: 自由研究応援隊  
宮島沼で自由研究しませんか?!
どろんこ遊びが大好きなスタッフがみんなの自由研究を応援するよ。 野鳥・昆虫・魚・草花・・・なんでもこざれ!みんなが興味を持っていることを教えてね。 一緒に調べて観察しよう。

申込み&活動方法
【事前】

①参加申込み(先着10名)
②「センターで活動したい日時」を予約。(スタッフが対応できない日もあります)
③興味があること、研究したいことを考えておく。
【当日(予約日)】
④研究したいことや研究の進め方をスタッフと一緒に考える。
⑤研究方針が決まったら実際の活動へ。活動は基本的に子供だけで実施。
 分からないことや困ったことが起きればスタッフがいつでも相談に応じます。
⑥研究のテーマによっては何日かセンターに通ってもらいます。

→今年度は力作揃い。研究集は子供たちの活動のページへ!
▼ 第9回マガレンジャー「宮島沼キャンプ」 8/6(水)13時半~7(木)12時  
今年度は夏・秋・冬の3回シリーズでマガレンジャー隊員活動を行います。 8月はその第一回目。沼の生き物・植物の調査を行います。 宮島沼とマガンを守りたい子どもたち!是非マガレンジャー隊員に応募してね。 自然戦隊マガレンジャーについては こちら をチェック!

【持ち物】
 野外活動用  長袖長ズボン帽子、運動靴、防虫スプレー、水筒、筆記用具、野外活動用の袋
 魚&ボート調査用  ぬれても良い服装・靴(サンダル不可)、タオル、観察水槽
 風呂&就寝用  寝袋、洗面具(歯磨きなど)、水着、タオル
 食事(もちより)  夕食;お米、カレーの野菜/朝食;ピザに載せる野菜
【参加費】保険料300円
【対 象】小学3年生以上、先着20名
【申込み】7/31(木)までに要申込

→活動の様子は子供たちの活動のページへ!
▼ とってさわって観察会 7/13(日)10時~12時  
水辺の生き物を観察します。網を使って実際に採集してみましょう。 簡単なようで捕まえるのにはコツがいりますヨ。 上手に捕まえられたらじっくりと観察し、とれた生き物の名前や生活を調べます。
【持ち物】長靴、汚れても良い服装、あれば魚のたも網・観察かご


【報告】捕れた生き物…モツゴ、フナsp、タナゴ、トミヨ、ミズカマキリ、コオイムシ、ヤゴ、ガムシ幼虫、おたまじゃくし、ドジョウなどなど
▼ 早朝バードウォッチング 6/8(日)6時~8時  
宮島沼はマガンだけと思っていませんか? カッコウ、アリスイ、ヒバリ、モズ、ノビタキ、オオヨシキリ・・・ ちょっと頑張って早起きして夏の小鳥を観察しましょう。
▼ 宮島沼ぐるっと一周 5/11(日)9時~12時  
マガンが去り、田んぼに水が入る前の一瞬・・・。 普段は立入禁止となっている沼周辺のヨシ原をぐるっと一周散策します。 あっと驚く思いがけない発見がありますよ。
【持ち物】長靴、飲み物(ヨシ原散策は少々大変なので水分補給が必要です)、【定員】10名
▼ みんなでマガンを数える会 4/26(土)16時~19時頃  
夕方、周辺の田んぼから一斉に宮島沼に戻ってくるマガンをみんなで数えます。 経験豊富なリーダーがいますので未経験者の方でも大丈夫!! 万羽を越すマガンを、まずは数えてみませんか? (このイベントで数えたマガンの集計結果は公式な調査記録となります!)
【持ち物】防寒着(毛糸の帽子、手袋など、)、やる気!、あれば双眼鏡&カウンタ(貸出あり)
▼ たっぷり雁観会 4/19(土)17時~20(日)6時頃  
====満員御礼====
マガンのねぐら入り&ねぐら立ちの両方をいっぺんに楽しめる観察会です。 夜にはマガン講習会も実施します。帰る頃にはマガン博士になっている、はず?!
【持ち物】防寒着(毛糸の帽子、手袋など、)、寝袋(センターホールでの宿泊となります)、 あれば双眼鏡&カウンタ(貸出あり)/ 【参加費】1000円(食事代込み)/ 【申し込み】4/13まで、先着20名(小学2年生以下は保護者同伴)
▼ 宮島沼写真展 参加者募集  
宮島沼写真展は毎春実施予定です!

春季マガン飛来期に併せて、宮島沼写真展を開催します!皆様ふるってご応募下さい。

【募集期間】 3/30(日)必着
【展示期間】 4/1(火)~5/31(土)予定
【応募方法】 「題名(ふりがな)」「撮影年月日」「氏名(ふりがな)」「連絡先(〒住所、電話)」を 応募写真の裏面に明記(紙貼付でも可)し、郵送またはご持参下さい。
【応募規定】
・ 応募者は応募作品の製作者であり、かつ応募作品の著作権を完全に保有していること
・ 宮島沼とその周辺で撮られた写真であること
・ 6切り(A4)以上にプリントされたもの
・ 鮮明であること(ピンぼけ等していないこと)
・ ただし、古い記録写真等希少性の高い写真については大きさや鮮明度は問いません

【その他】
・ 写真は最大限の注意をもって取り扱いますが、もしもの際の損傷、紛失等には責任を負いかねます
・ 写真の搬入・搬出は応募者で行ってください。郵送の場合は送料をご負担下さい。
・ 応募作品はお一人2点までとさせていただきます。
【問合せ・送付先】
宮島沼水鳥・湿地センター
〒072-0057 美唄市西美唄町大曲3区
電話;0126-66-5066
メール;mwwc2アsnow.ocn.ne.jp
(上記アドレスのアを@に置き換えて下さい)


▼ 過去のイベント情報 ▼
  ・ 2007年度に実施されたイベント情報


 ○● 宮島沼水鳥・湿地センター ニュース ○●   
▼ 2008年 春号 pdf(998kb) 夏号 pdf(432kb) 秋号 pdf(388kb) 冬号 pdf(769kb)
▼ 2007年 春号 pdf(781kb) 夏号 pdf(791kb) 秋号 pdf(510kb)