「 ゴミを捨てないで!! 」 西美唄小学校の取り組み

● 宮島沼にゴミの山??

西美唄小学校の6年生は、宮島沼に行ったとき、あることに気づきました。それは、あちこちに捨てられている、空き缶、タバコの吸い殻、お菓子の包み紙などのゴミの数々でした。これはいけないとゴミ拾いを始めると、想像以上にたくさんのゴミが捨てられていることがわかりました。

「みなさんはこの多くのゴミを見て、どう思いますか?」(「宮島沼ごみ展」より)

● 宮島沼に看板を設置!!

そこで、これ以上ゴミが捨てられないようにするために、宮島沼に看板とポスターを設置しました。最初はゴミ箱も設置しようと考えましたが、ゴミは持ち帰るのが基本だということを聞き、急遽中止しました。看板を設置したことで、みんなが協力して宮島沼を守っていけるのか、今後に期待です。

「ラムサール条約に指定された沼を、みなさんで大切にしていきましょう」(ポスターより)

● テレビやラジオにも進出だ!!

子供たちは留まることを知りません。宮島沼をみんなで大切にするためには、より多くの人達に宮島沼の現状を知ってもらう必要があります。すでに、保護者を招いた学習発表会を行っています。さらに最近は、FMはまなすの「キャンパスノート」、STVの「1×8いこうよ!」といった番組を通じて、宮島沼について調べた学習の成果を発表したり、「ゴミ問題」についてアピールしたりしています。

市民文化祭への出展 「宮島沼ゴミ展」
看板とポスターでゴミ対策を呼びかける
FMはまなすに出演
YOYO'Sファーム大収穫祭に出演 よろしくお願いします!!



←戻る