★☆★☆ 「しらまと」とは!! ★☆★☆
「宮島沼 調べてまとめて伝えよう」(通称「しらまと」)は、西美唄小学校の子供たちによる、文字通り、宮島沼に関するいろいろなことについて、調べて、まとめて、伝えよう、という活動です。今回は、「しらまと」の最終段階、「伝える」ということを目標にした、発表会の様子をお伝えします。発表会には、子供たちのお父さん・お母さんをはじめ、地域の方々、光珠内小学校の子供たち、岩見沢教育大の方々など、多くの人がかけつけました。

★☆★☆ 宮島沼の水鳥について (1・2年生) ★☆★☆
1・2年生の子供たちは、宮島沼の水鳥について調べました。1年生は、宮島沼に来る鳥の種類を調べて、その絵を描きました。ひとつひとつの絵はとても丁寧に描かれていて、水鳥の特徴がとてもよく現されていました。また、発表も上手にできました。2年生は、図鑑をつかって水鳥のことを詳しく調べました。調べたガンやカモは、なんと11種類にものぼりました。体の特徴はもちろん、生息場所や食べ物のことまで、とてもよく調べられていました。
1年生は水鳥の絵を描きました。 ヒドリガモです! オナガガモです!
2年生は水鳥のことを調べました オオヒシクイの特徴は!? パンダガモってなに?

★☆★☆ 渡り、宮島沼、マガンのこと (3年生) ★☆★☆
3年生は、3つのグループに分かれて「マガンの渡り」「宮島沼」「マガン」のことを調べました。「渡り」グループは、マガンの繁殖地での生活や渡りルートについて、わかりやすく解説してくれました。宮島沼で秋の狩猟が自粛されてから、初めてマガンが秋も宮島沼に来るようになったことなど、とても詳しく調べられていました。「宮島沼」グループは、宮島沼のことや沼の植物や鳥のことを調べて発表しました。アオサギ、オナガガモ、ハクチョウなどの食べ物や一日の生活がよくまとめられていました。「マガン」グループは、マガンの食べ物、天敵、一日の生活などについて寸劇というユニークな方法で解説していました。いずれのグループも特徴があって、とても楽しい発表でした。
3年生の発表は!? マガンの渡りのルートは? 「マガンの恋」を寸劇で!!

←戻る