■ マガレンジャーとは!?
自然戦隊マガレンジャーとは、宮島沼がラムサール条約に登録された2002年に結成された、宮島沼とマガンを愛する正義のヒーローなのだ!!

毎年、マガンがやってくる季節になると、マガレンジャーの新規隊員募集が行われる。与えられた指令をクリアーし、敵をむかえうち、マガレンジャーを目指そう!!すでにマガレンジャー正式隊員であるキミも、レベルアップのチャンスだ!!
■ 第1回マガレンジャー企画
 「マガンと田んぼ探検」

☆作戦本部に集合だ☆
2003年10月11日、宮島沼のほとりにたつ「マガレンジャー作戦本部」は、明日のマガレンジャーを夢見る、20名のマガレンジャー候補生であふれかえった。

これからなにが始まるのかと不安そうな(でもないか)候補生たち。そこに隊長がかっこよく(でもないな)登場。なんと、3つの指令をこなすことができれば正式なマガレンジャー隊員になることができるらしい。
指令1
そのとき、作戦本部に第1の指令が突如投げ込まれた。「マガレンジャーアイテムを使いこなせ!」。候補生たちの、カウンター、ノート、双眼鏡の使い方の特訓が始まった。

しかし、カウンターを押しすぎて破壊する候補生が続出。青ざめる指導役の隊員達!双眼鏡の使い方も、実は慣れないと難しい。お目当ての鳥を双眼鏡で見られるまで、特訓、特訓。
指令2
あらかたアイテムを使いこなせるようになって安心していると、第2の指令が!「マガンの食べものを調査せよ!」。急遽、最速のマシン、マガバスで田んぼに向かったのであった。

田んぼでさっそくマガンの食べあとを発見!どうやら、マガンは「落ちモミ」と「あぜ草」が大好きらしいぞ。でも、どっちのほうが好きなんだろう?そこで、マガンのまねをして、指だけで落ちモミとあぜ草を集めてみたよ。チームに分かれて競争だ。制限時間は3分!
指令3
落ちモミチームの勝利で、マガンは落ちモミが好きなことが分かったところで、休憩。「さんりんしゃ」のおいしい豚汁とおにぎりでひと休み。そこに第3の指令が。。。「マガンの数を数えろ!!」。

練習をした後、沼に移動して、カウンターを片手に待機。しかし、なかなかこないマガン。またもやあせる隊員達!そのとき、マガンの大群が次から次へと。。カチカチカチ。ちゃんと数えられたかな?
マガレンジャー隊員に!
長い一日が終わり、すべての指令をクリアーした候補生たち。君たちはすでに立派なマガレンジャーだ!しかし忘れてはならない。マガレンジャーの道は、長く厳しいのだ。。。という隊長の挨拶はさておき、無事に「隊員証」と「マガレンジャー・カウンター」をゲットした新隊員たちは家路を急いだのだった。
■ 第2回マガレンジャー企画
 近日公表!!

今年の春もマガレンジャーを募集するぞ!すでにマガレンジャーのキミも、さらなるレベルアップを目指して参加しよう!今回は、ナゾの強敵があらわれるとの噂が。。。

こう、ご期待!!!!
←戻る