宮島沼における水鳥落鳥(春季)詳細と追加
       1996年 春季の落鳥
     表22         落鳥計  白鳥 7羽、マガン 1羽
No 種別 月/日 一口コメント
1 o 5/2  亜成島 西岸で保護後死亡(解剖で30粒の鉛散弾保持確認される=北大獣医学部)
2 o 5/8  西岸で死亡
3 o 5/8  西岸で保護後死亡 残白鳥 オオハク14、コハク16
4 m 5/12  東岸で白骨化 残白鳥20羽殆ど陸上休息、マガン132、カリガネ8
5 k 5/17  突堤 回収 残オオハク8、コハク6、マガン66、カリガネ6
6 o 6/12  東岸で保護後11:39’死亡 残オオハク2、コハク1、マガン1
7 o 6/14  西岸幼鳥白骨化 残オオハク2、マガン2
8 o 6/18  東岸幼鳥骨のみで羽毛散乱、残マガン2羽、白鳥0羽
       1997年 春季の落鳥
    表23          落鳥計  白鳥17羽
No 種別 月/日 一口コメント
1 o 4/6  右翼骨折・頭部損傷、高圧線接触か?回収 これ以外の以下は、鉛中毒と推定される
2 o 4/26  残白鳥 オオハク67、コハク4羽
3 o 4/30  亜成鳥 沼西岸回収 残オオハク70羽
4 o 5/2  沼北岸 羽毛散乱死体無し キツネに持っていかれたと推定
5 o 5/2  沼東岸 同上 残オオハク20羽
6 o 5/3  沼北西岸 キツネ食害受け回収 残オオハク21、コハク4
7 o 5/6  用水溝端 羽毛散乱 残オオハク19、コハク5
8 k 5/12  東岸で殆ど翼だけを回収 残オオハク9、コハク6
9     5/13  種別不明 東岸羽毛散乱 残オオハク7、コハク4
10 o 5/17  幼鳥 三角沼東岸トビに食害 5/6より同所で鉛中毒症状を示していた個体
11 k 5/18  沼西岸で保護後死亡 残鳥オオハク5、コハク6、マガン8
12 k 5/21  西岸 首無し 回収 残鳥オオハク3、コハク2、マガン2、オオヒシクイ1
13     5/23  種別不明成鳥 沼西の水田畔で保護、割と元気 残白鳥2、マガン3
14 k 5/26  沼南突堤 羽毛のみ 残コハク1、マガン3
15 k 5/27  西岸 成鳥 回収 残オオハク1
16 o 5/30  手形沼 幼鳥 羽毛散乱 4/30から同所で鉛中毒症状の個体
17 k 8/24  石狩川河川敷内の沼地 成鳥放置(相棒1羽は元気)
       1988年 春季の落鳥
     表24         落鳥計  白鳥 21羽、マガン 3羽、オオヒシクイ 1羽
No 種別 月/日 一口コメント
1 o 4/6  茶志内沼・トビ・カラスに食害される (長谷川) 〔宮島沼の沼開け 4/7〕 
2 o 4/17  宮島沼西岸 成鳥 トビに食害される
3 o 4/20  西突出し部水中 亜成鳥 5/12回収(空知支庁・美唄市他)
4 o 4/20  沼北岸 成鳥 トビ食害
5 o 4/20  西入り江 亜成鳥 放置
6 o 4/20  西岸 トビ・カラスに食害、骨格だけとなる
7 m 4/20  沼西岸 骨だけ
8 o 4/24  突堤 南 回収
9 o 4/25  成鳥 西岸 放置 トビに食害
10 o 4/25  幼鳥 西岸 放置 トビに食害
11 o 4/26  東岸 成鳥 放置 トビに食害
12 o 4/27  西溝口 幼鳥 水中に放置
13 o 5/6  突堤 すぐ東側 トビに食害
14 oh 5/10  (オオヒシクイ) 南岸 トビに食害 回収
15 o 5/11  突堤 南 回収 (空知支庁・美唄市他)
16 o o 5/12  残白鳥を捕獲回収保護 オオハクチョウ 5(成鳥4、幼鳥1)
o o     (空知支庁・美唄市他) コハクチョウ  2(成鳥1、幼鳥1)
21   o                      マガン     1 左翼損傷の個体
    k k     酪農学園大学獣医学部で検査、何れも鉛散弾を筋胃に保持
         施療甲斐なく白鳥6羽翌日死亡
              (残マガン18羽中、鉛中毒症状を示すもの数羽あり)
24 5/16  北西岸 亜成鳥 トビに食害、水中放置
25 o 5/21  トラシップ沼(上美唄東21線10号西)で保護 鳥獣保護委員に届ける、
           鉛中毒症状。
                                                     (5/21 現在)
★★1983年以降の★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
落鳥の累計 白鳥     152羽
マガン     108羽
~他に近郊月ケ湖などでも落鳥あり~ オオヒシクイ   1羽
                                              以上  ~草野集計分~
凡例  o=オオハクチョウ=Cygnus cygnus
 =コハクチョウ=Cygnus columbianus
 =マガン=Anser albifrons
 oh=オオヒシクイ=A.fabalis middenndorffii
目次に戻る