表1の3
整理     目 ・科 名 通し
 番号          和 名/学 名 Scientific name 番号
    モズ科 LANIIDAE(2種)   
1 モズ Lanius bucephalus 151
2 アカモズ Lanius cristatus 152
          
    ヒタキ科 MUSCICAPIDAE(10種)     
    ツグミ亜科 TURDINAE    
1 ノゴマ Erithacus calliope 153
2 ジョウビタキ Phoenicurus auroreus 154
3 ノビタキ Saxicola torquata 155
4 アカハラ Turdus chrysolaus 156
5 ツグミ Turdus naumanni eunomus 157
    ウグイス亜科 SYLVIINAE     
6 エゾセンニュウ Locustella fasciolata 158
7 コヨシキリ Acrocephalus bistrigiceps 159
8 オオヨシキリ Acrocephalus arundinaceus 160
9 キクイタダキ Regulus regulus 161
    ヒタキ亜種 MUSCICAPINAE   
10 キビタキ Ficedula narcissina 162
           
    エナガ科 AEGITHALIDAE(1種)   
11 エナガ Aegithalos caudatus 163
     (シマエナガ japonicus)   
          
    シジュウカラ科 PARIDAE(4種)   
1 ハシブトガラ Parus palustris 164
  2 コガラ Parus montanus 165
3 ヤマゲラ Parus varius 166
4 シジュウカラ Parus major 167
            
    ゴジュウカラ科 SITTIDAE    
1 ゴジュウカラ Sitta europaea 168
     (シロハラゴシジュウカラ asiatica)    
            
    キバシリ科 CERTHIIDAE(1種)   
1 キバシリ Certhia familiaris 169
     (キタキバシリ daurica)   
整理     目 ・科 名 通し
 番号          和 名/学 名 Scientific name 番号
    ホオジロ科 EMBERIZIDAE(8種)   
1 ホオジロ Emberiza cioides 170
2 ホオアカ Emberiza fucata 171
3 コホオアカ Emberiza pusilla 172
4 カシラダカ Emberiza rustica 173
5 ミヤマホオジロ Emberiza elegans 174
6 アオジ Emberiza spodocephala 175
7 オオジュリン Emberiza schoeniclus 176
8 ユキホオジロ Plectrophenax nivalis 177
            
    アトリ科 FRINGILLIDAE(5種)   
1 アトリ Fringilla montifringilla 178
2 カワラヒラ Carduelis sinica 179
3 マヒワ Carduelis spinus 180
4 イスカ Loxia curvirostra 181
5 Coccothraustes coccothraustes 182
            
    ハタオリドリ科 PLOCEIDAE(2種)   
1 ニュウナイスズメ Passer rutilans 183
2 スズメ Passer montanus 184
           
    ムクドリ科 STURNIDAE(2種)   
1 コムクドリ Sturnus philippensis 185
2 ムクドリ Sturnus cineraceus 186
           
    カラス科 CORVIDAE(3種)    
1 カケス Garrulus glandarius 187
     (ミヤマカケス brandtii)   
2 ハシボソガラス Corvus corone 188
3 ハシブトガラス Corvus macrorhynchos 189
            
           
                 
         
          35科 亜種を含め189種   
                      (1997年8月現在)   
本目録作成について
 『北海道中央部の美唄における鳥類相』 (専修大学北海道短期大学記要第26号)から関係分を抜粋・追補。
  観察資料提供者 草野 貞弘、田辺至、星子廉彰、正富宏之;梅木賢俊、富川徹、羽田恭子、山田良造、
         若林信男の各氏。藤巻氏(1973年)、中田氏(1987年)などの既存資料を含む。
目録についての注釈
 1) 主観察地 宮島沼面と周辺(石狩川面と河川敷、手形沼・三角沼等他の近隣湖沼とその周辺地を含む)
 2) 種の配列は、『日本鳥類目録』改定第5版-1974に準拠。
 3) ( )内に記名したものは、観察された亜種の呼び名を示す。
 4) 〔 〕で示す和名は、飼育鳥が野生化したもの。
 
目次に戻る