Ⅲ 宮島沼が支えるガンカモ類の個体群サイズ
             飛来水鳥の、全体数の1%を単位にして比較した指数である。宮島沼に飛来する主な水鳥(ガンカモ類)
         の羽数が、アジアや日本全体の中でどんな割合になっているのかを示す。
                          *印付白抜き数字 は、東アジアの個体群の1%を超えているデータ。
     表2.基準個体数              下線付数字は、日本の個体数の1%を超えているもの。
種(亜種)名 1%基準個体数(宮林泰彦氏による) 宮島沼の個体群(羽)
東アジア個体群A 東アジア個体群B 日本の個体群 (1996/97シーズン)
(アジア湿地目録) (ガン渡来地目録)    〔記録 草野貞弘〕
オオハクチョウ Cygunus cygunus 300 290        590
コハクチョウ C.columbianus 300 300 230      8,600
オオヒシクイ Anser fabaris middendorffii 300 50          195
ヒシクイ A.fabaris serrirostoris    50            1
マガン Anser albifrons 500 500 300      41,555
オシドリ Aix galericulata 500 500 180            +
ヒドリガモ Anus penelope 2,500 1,500            46
ヨシガモ Anus falcata 500 100            +
コガモ Anus crecca 5,000 1,900          2,150
マガモ Anus platyrhynchos 10,000 5,000          565
カルガモ Anus poecilorhyncha 5,000 2,400           223
オナガガモ Anus acuta 5,000 1,800       7,190
シマアジ Anus querquedula 5,000            +
ハシビロガモ Anus clypeata 5,000 250            7
ホシハジロ Aythya ferina 5,000 1,500            15
キンクロハジロ Aythya fuligula 5,000 900           229
ホオジロガモ Bucephala clangula 300 30             9
ミコアイサ Mergus albellus 500 17            74
カワアイサ Mergus merganser 40           285
目次へ戻る