小 川   忠 行
杉 浦   美知子
武 市   雄 治
門 脇   忠 夫
高 橋    誠
宮 森    孝
田 中   秀 喜
坂 本   一 弘
大 原   勇 治
岩 田    稔
安 嶋   真 知
三 浦   央 晴
内 山    彰
石 田   伸 子
奥 山   友 子
白 木   芳 子
岸 山   一 郎
高 橋   英 雄
安 達    忍
川守田    恒
松 本    朗
平 野   由紀子
五十嵐   健太郎
三 浦    誠
 林    信 孝
市 川   厚 記
中 茎   英 俊
佐 藤   正 一
平 野   太 一
吉 岡   宏 高
草 野   貞 弘
富 川    徹
森 脇    望
天 野   達 也
中 村    茂
一般
一般
美唄青年会議所
美唄商工会議所青年部         
美唄市農業協同組合
いわみざわ農業協同組合大富支所
大富地域連合会
大富地域連合会
西美唄小学校
西美唄中学校
美唄高等学校
美唄高等学校
美唄グリーン・ツーリズム研究会
美唄グリーン・ツーリズム研究会
美唄グリーン・ツーリズム研究会
美唄グリーン・ツーリズム研究会
美唄観光物産協会
美唄市経済部農政課
美唄市市民部生活環境課
美唄市教育委員会生涯学習課
美唄市教育委員会学務課
美唄市経済部商工労働課
美唄市経済部商工労働課
美唄市経済部商工労働課
美唄市企画財政部企画課
美唄市企画財政部企画課
美唄市企画財政部企画課
美唄市企画財政部企画課
美唄市企画財政部企画課
まちづくりコーディネーター        
宮島沼の会                 
㈱野生生物総合研究所         
㈱野生生物総合研究所         
東京大学大学院              
酪農学園大学大学院           



(ワークショップ代表)
(コーディネーター)
(オブザーバー)
(オブザーバー)
(オブザーバー)
(オブザーバー)
(オブザーバー)


第1回…2001 年11 月18 日(日) 13:30 ~16:00  大富総合会館
[テーマ] 「 宮島沼のこと…マガンのこと…地区のこと…どう思う?どうなる?どうしたい?
[内容] 初回ということで、宮島沼について、参加者それぞれが自由に意見を出し合いました。
その後、各班ごとに出された意見を「農業との共生」、「教育」、「環境の保全」などに分類し、次回はさらに具体的に話し合いを進めることを確認して終了しました。


第2回…2001 年12 月7 日(金) 18:00 ~21:00  ピパオイの里プラザ
[テーマ] 「 環境の保全、観光・交流、農業との共生、教育、地区の将来…
こうだといいなあ? 今はこうだぞ!!」
[内容] 第1 回で分類したキーワードをテーマに据えて、たくさんの意見を交換しあいました。
特に観光、交流についての意見が多くを占め、宮島沼の地域資源としての重要性や今後の活用に対する期待の大きさが感じられる話し合いとなりました。
次回は、これらの意見から実際にどうしていけばよいのかを課題とすることで終了しました。


第3回…2002 年1 月21 日(月) 18:00 ~21:00  ピパオイの里プラザ
[テーマ] 「 お互いの関係を考えてみて… 何を?どこまで?」
[内容] 前回までのワークショップで焦点が絞られた、自然の保全、教育、農業との共生、観光・交流の4 つのキーワードの関連性について、互いの考えを思い思いに発表しあいました。
キーワードの関連性は、相乗効果が期待できるものもあれば、矛盾するものもあるなど、メンバーの意見や考え方は様々であり、最終的な解決や結論づけまでには至りませんでしたが、自然と人との共存やバランスを図ることの難しさ、そして多くの課題があることを再認識する結果となりました。


第4回…2002 年3 月11 日(月) 18:00 ~21:00  ピパオイの里プラザ
[テーマ] 「 評価してみよう」
[内容] 前回は4 つのキーワードの関連性を考えましたが、今回はまとめの段階に入ることから、「キーワードの実現に向けて、何をすべきなのか?」について話し合いまいた。
考えられる具体的な施策を列挙し、実現の可能性・費用・時間・目標への評価という4 つの視点から、各々の施策を評価しました。
取り組みの項目を他の項目と関連づけていくと評価も変わってしまったり、そこから矛盾が発生したりと、複雑かつ難しい議論となりました。


第5 回…2002 年3 月25 日(月) 18:00 ~21:00  ピパオイの里プラザ
[テーマ] 「 まとめてみよう」
[内容] これまでのワークショップを総括するものとして作成された、宮島沼をめぐる特性図、現況の把握と政策目標、コンセプトの全体構造、施策の検討、施設整備の検討について話し合い、最終の調整をしました。
最終的にまとめられた資料は、現在美唄市が策定に着手している宮島沼保全活用計画に反映させることを確認して終了しました。
目次に戻る