イヌエンジュ

イヌエンジュの花   草野貞弘(宮島沼)
マメ科
イヌエンジュ 


【草野先生のワンポイント講座】
沼の周りで日当たりの良い所に散在する、ちょっと見るとニセアカシアに似た樹木です。芯材は重くて堅く、セピア色が好まれて、床柱などの高級家具に用いられます。生の木材には独特の臭いがあり、魔除け効果を願うアイヌ人形の「ニポポ」材として重宝されました。

【その他の特徴】
・山地に生える落葉樹
・北海道、シベリア、本州中部以北に分布
・高さ15メートルほどになる
・延寿とあてて、縁起木ともされる
・エンジュとも呼ばれるが、エンジュは中国産の別の樹
・エンジュとは似て非なるものということでイヌエンジュとされたという説と、エンジュより劣るということでイヌエンジュとされたという説がある