ミズアオイ

草野貞弘(宮島沼)
ミズアオイ科
ミズアオイ 


【草野先生のワンポイント講座】
夏日、足場が悪くてなかなか入れない沼の北側の排水溝口に、そこに似つかわしくない紫の美しい花を咲かせていたものです。近年これを小型にしたような、除草剤に強いコナギという雑草が田んぼに増えて、農家に嫌われています。どちらも、万葉時代の野菜で、「菜葱(ナギ)」と呼ばれました。マガンも、これがあれば食べて消化し、除草こそすれ種子の運び屋になることは決してありません。