フトイ


草野貞弘(宮島沼)
カヤツリグサ科
フトイ 


【草野先生のワンポイント講座】
畳をつくる「藺草(イグサ)」の仲間、太い藺(イ)の意味の名です。沼辺には適当な木の枝がないので、カワセミはこの草の幹をたわらせてとまり、じっと魚をにらみます。春先の突堤付近では、芽吹く前のフトイの根っこが、数多い水鳥にいじめられてか消えてしまいそうです。