スズガモ

写真:牛山克巳(宮島沼)

写真:牛山克巳(宮島沼)
カモ目/カモ科
スズガモ
Greater Scaup

湾や海岸近くの湖沼ではおおきな群れをつくる潜水ガモ。北半球の寒帯高緯度地域の海岸、ツンドラ、北方林など幅広い水辺環境で繁殖する。ユリカモメなどのコロニー内で繁殖することでも知られる。日本各地の湾、河口、汽水湖などで越冬する。

【生活】雑食性で、主に底生の貝類や植物を潜水して採る。潜水能力は高く、6~7mは潜れるようだが、1~3mを好む。北アメリカの亜種は減少傾向にあり、越冬地における貝類の捕食による微量元素の生物濃縮や、繁殖地の北方林の環境変化が繁殖に何らかの影響を与えているのではないかと推測されている。

【声】あまり鳴かないが、オスは「ククー」、メスは「クルル、クルル」と鳴くらしい。

【見分け方】キンクロハジロに似るが、少し大きく、くちばしのさきっぽ(嘴爪)だけが黒い。オスは背中が白く、メスは嘴の基部が白いことでも見分けられる。

【宮島沼での見頃】秋と春の渡りの時期に確認される事がある。キンクロハジロと異なり海水域を好むためか、宮島沼では少ない。