キンクロハジロ

写真:草野貞弘(宮島沼)

写真:牛山克巳(宮島沼)
カモ目/カモ科
キンクロハジロ
Tufted Duck

寝癖のような(魔人ブウのような?)「冠羽」をもつ小型の潜水ガモ。ヨーロッパからユーラシア大陸の北部にかけての、公園の池から森林の貧栄養湖まで幅広い水辺環境で繁殖し、道内でも繁殖記録が多い。国内では、道南から沖縄まで広い範囲で越冬し、島根県中海や宍戸湖に多く、シジミなどの二枚貝を食べる。

【生活】植物質の食物も食べるが、潜水して貝や甲殻類など動物質のものをよく食べる。よく餌付く種でもある。貝などは丸飲みにして、筋胃(すなぎも)で砕いて消化する。

【声】あまり鳴かないが、オスは「フィー」、メスは「クルル」。

【見分け方】冠羽が特徴的だが、メスや若いオスは小さく目立たない場合がある。類似種としてはスズガモ、コスズガモ、クビワキンクロがあげられるが、頭の形、冠羽の有無、背や脇の色、くちばしの模様などで見分ける。また、これら潜水するカモの仲間(ハジロ属)は交雑することが比較的多く、それらの個体の識別は難しい。

【宮島沼での見頃】秋と春の渡り時期に数羽から数十羽。春は人慣れした個体を間近でみることができる。