「百円はどれ!?クイズ」のおさらい
「百円はどれ!?クイズ」は、センタースタッフの思いつきでなんとな~く始まった、スタッフ所有の水鳥グッズコレクションの中から百円ショップで買ったモノを当てるという、なんともゆるい企画です。始めてみると、思いもよらぬほどの反響を頂き、うれしくもあり申し訳なくもあり、何を景品にしようと(もちろん自腹)プレッシャーを感じる日々でした。何はともあれ、とりあえずはコレクションのおさらいをしますので、実際に参加できなかった皆様もお楽しみください。
どうですか?写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんね。ちなみに、人気が高かったモノと応募頂いた方々の理由をいくつかご紹介しますと…
なんと162名もの応募者がこれを正解に入れていました。でも、ひっかけです。なんと、ロスのおみやげなんです。百均にも同じ商品があるようですが、こちらはよ~く見ると、胸に英語の文字が書かれています。娘とよくお風呂に一緒に入っていたので、かすれて良く見えませんが、本当です。
もう2つの黄色いアヒルちゃん人形も人気でした。真ん中の小さい方は、なんと右側のマガモ(?)とヒモでつながっていて、おなかの中にしまえるようになっています。左側の蝶ネクタイのアヒルはカナダのおみやげです。おなかを押すと変な声で鳴きます。
この耳かきは2番人気でした。その昔、宮島沼で売っていたのを購入したものです。完全オリジナルの手作り商品のはずなんですが、似たようなものが百均に売っているのでしょうか?百均で売っているもので、マガンをモチーフにしたものはまずないと思うのですが…。
…。どういう訳か応募箱に100円を入れてくれた方がいました…。「間違えた!!」ということでしたらお返ししますが、とりあえず「宮島沼の会」へのご寄付ということで処理させて頂きますのでご了承ください!
 こたえ&各部門賞の発表
それではお待たせしました!いよいよ正解の発表です。
● 正解は…
16番(正解者42名) 正解者が意外と多くてビックリしました。これは見たことがあるという声も多く、百円ショップファン(!?)の実力に感服です。
57番(正解者10名) さりげなく下敷きに使っていたので気づかれないと思っていたのですが、良く見てますね~。お見事!

そして、応募総数320名から見事2つの百円グッズを当てたのは、なんと6名!!岩見沢市SSさん、SEさん、INさん、札幌市SAさん、IRさん、美唄市MTさん、おめでとうございます!何かいいものをお送りしますね。
● すてきな理由をありがとうございます大賞
「百円ショップでみたような…」「なんとなく」という理由が目立つ中、「まちがいなし!!」、「自信があります。売っていたのを見たからです。」という強気なコメントもありました(ハズレてましたけど…)。あせったのは、「16番は私が買いました」との理由。そうでした、お義母さん。こんなことに使ってすみません…。弱気なコメントでは、「家ぞくが言うから」「友達が100円だと言っていたから」。次からは自分で決めてくださいね。よくわからなかったコメントでは、「かわいいから」、「丸いから」、「重そうだから」、「昔もありそうだから」、「高そうだから」など。う~む…??
そんな中、見事「すてきな理由をありがとうございます大賞」に輝いたのは、
「わかんねーよ!(笑)」(岩見沢市KMさん)でした。ここまで開き直られてしまってはどうにもなりません。KMさんには何かすてきなものをお送りいたします。

● 泣けるコメントありがとうございます大賞
理由と一緒にセンターへのご意見も伺っていたのですが、きれい、たのしい、興味をもった、又来たい、ガンバレなど、胸にしみるメッセージを数多く頂きました。本当にありがとうございました!頑張ってきてよかった…(涙)。
いくつかご紹介すると、「初めてセンターに来ましたが思ったより中がきれいで見やすく暖かでまた来たくなる場所でした」、「鳥や魚のことがたくさんわかりました!これからもガンバレ!」、「新しい観察舎、資料もいっぱいでとても見やすくていいですね!又来たいです。」、「センターとっても楽しい!!あそびかんかくで楽しめるのですぐ帰らず見せ方が上手!!」、「このセンターができて本当によかった!!なんと言っても世界をはばたく鳥が休む大切なポイントなのですから。」、「寒い季節、この暖をとれる施設に大感謝です!!」などなど。いやいや、本当にありがとうございました!
面白かったのは、「白鳥はすてきですね…」、「はくちょうかいたいな」、「ハクチョウが今日はいな~いザンス!」。ハクチョウファンもいろいろですね。一方、マガンファンはというと、「マガンがちかずいてくれてうれしかった。」、「マガンがかわいかったです。ペタペタとあるいているところがたまんなくかわいかったです」。もしかしてオナガガモと間違えていたりしませんか??あと、「深さが80cmしかないのをはじめてしりました。もっと深いと思ってたー!」。いろんなポイントで興味を持ってくれてうれしいですが、深さですか…。でも、宮島沼は年々浅くなっていて、深刻な問題だったりします。

そんな中、見事「泣けるコメントありがとうございます大賞」に輝いたのは、「6年ぶりに来ました。当時9ヶ月だった長男も小学2年生。でも当時の頃と同じように目を輝かせ弟や妹と白鳥を眺めていました。又来ますね。」(札幌市AYさん)です!本当にすてきなお言葉ありがとうございました。いついらして頂いても変わらない自然を楽しんで頂けるよう、これからも努力したいと思います。AYさんには何かいいものをお送りいたします。
 センターへのご要望にお答えします!
ご意見の中にはセンターへのご要望もありましたので、この場を借りてお答えします。

▽ 食事できるスペースほしい
ご持参頂いたお弁当であれば、センター内で召し上がって頂いても大丈夫です。ただ、混雑している場合はご遠慮頂く、ゴミは持ち帰って頂く、食事後は清掃して頂くなど、最低限のマナーにご協力ください。

▽ 望遠鏡を増やしてほしいです(同様2件)
ご要望にお応えしてもう一台増やそうかと思います。これ以上は、窓際にスペースがないので難しいと思います。

▽ 女子トイレのハンガーが高すぎ
男子トイレもそうなのですが、ハンガーは、ドアの裏側と入って正面の壁に2カ所あります。ドアについているハンガーは確かに高いです…(2メートルくらい?)。申し訳ございません。正面のハンガーはご利用頂きやすい高さにあるのですが、目立たないので、サインをつけることにしました。

▽ 水辺でみれるとこをもっとつくってほしい
宮島沼では、水辺での観察スペースは、センター正面の突堤に限定しています。というのも、宮島沼はとっても小さいので、それ以外の場所に人が入ると、野鳥の生息場所がどんどん狭くなってしまうのです。ちょっと物足りないかもしれませんが、マガンなどの野鳥がいつまでも安心して宮島沼に来られるように、野鳥との「すみ分け」にご協力ください。

▽ こどもの目線で見られる場所があるといいです
写真を撮っている方などがいてお子さんがあまり見られなかったとのことでしたが、マガンのピーク時には突堤にたくさんの人がいらっしゃるので、その通りかもしれませんね。なるべく譲り合って観察してほしいのですが、突堤の混雑(?)を避けて観察小屋の方へ行くと、やや小高い所から気持ちよく観察できるかもしれません。

▽ 物たりないと思います
そうでしたか…。どうすればもっとよくなりそうですか??これからはもっといろんな方々に満足して頂けるよう頑張りますので、また遊びに来て下さい!

▽ 今日は白鳥にパンをあげにきたのにあげれなくて残念です

宮島沼では、ハクチョウやカモにエサをあげないように呼びかけています。いくつか理由はあるのですが、例えば、パンには塩分など野生動物に良くない成分が含まれていたり、パンをのどに詰まらせて死んでしまうハクチョウがいたりするからです。「野の鳥は野に」という言葉がありますが、野鳥を守っていくためには、自然環境を大事にすることが一番です。どうぞご協力ください。

▽ もう少しさわれるモノがほしい
了解です!さわれて遊べて面白いものを中心に作っていきます!最近は、パズル、塗り絵、パペット、羽や骨などの標本なども出来てますよ!エゾトガリネズミの剥製(はくせい)もさわりに来て下さい。こんなのがあるといいな~ってものがあれば教えてください。


他にもご意見・ご要望等あれば、ぜひスタッフに声をかけてください。みなさまの声を反映した施設づくりを進めていければと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。


←戻る