美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

子育て世代と市長との懇談会結果

2019年12月28日

子育て世代の声を施策に反映させるため、また、次期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の策定のため、子育て世代と市長が直接対話する機会として、令和元年10月18日金曜日に、子育て支援センターはみんぐにて「子育て世代と市長との懇談会」を開催し、13人の方が参加されました。
市から「まち・ひと・しごと創生総合戦略」について情報提供の後の懇談は、車座となり、お子さんが遊ぶ和やかな雰囲気のなかで行われました。
本懇談会における主な御意見をお知らせします。

 

 

 

<市長あいさつ>

 お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。
 私は、所信表明でも言っていますが、「まちづくりは『新しい命』の健やかな成長があってこそ成り立つものであり、だからこそ子どもは『地域の宝』であり、美唄の未来・希望そのもの」
 確かに美唄は人口減少と高齢化が厳しい状況にありますが、私としては将来を担う子どもたちに寄り添い、美唄の未来づくりに取り組んでいきたいと思っております。
 今日は普段を持っていることをお聞きできればと思いますのでよろしくお願いします。

 

公園等について

・公園の遊具がテープに巻かれていて使用できなくなっていて子供を遊ばせられる場所がない。
・小学生が放課後、団地の階段などで遊んでしまっている。元気に遊べる施設が不足していることが原因では。そういった子どもたちに開放できる施設が必要だと思う。
・旭公園の水遊び場は足の汚れもひどく衛生的によくない。
・美唄はほかのまちに比べて子育て施策が数少ない。

障がい児の受け入れについて ・母子通園施設がなくなった。美唄には養護学校、光生会もあるが、福祉のまちとして一貫していない。障害児の入り口を閉ざさないで欲しい。
・障がい児の受け入れは民間の幼稚園では厳しい。保育所ではなく、公立の幼稚園で受け入れて欲しい。
育児サポートについて ・美唄は転入者が多いまち。子育てに不安を抱えている母親がたくさんいることを知ってほしい。
・産後ケアが重要。そういったことができる人材を育てることも必要
保育所について ・保育士が不足している。3歳未満児を受け入れられる体制が整っていない。
・保育士が不足しているにも関わらず正規職員の募集がないのはおかしい。
・保育所で市長も一緒に子どもたちと過ごしてみて欲しい。
通学・通学路について ・通学路が狭い。冬になるとさらに狭くなるので危険。
・遠くから通学する子もいる。今後、南美唄小学校も統合されると聞く。スクールバスを走らせるなどしたらいいのではないか。
栄幼稚園について ・栄幼稚園に経費をかけるより小児科を充実して欲しい
・廃止・存続両方の意見もある。今のまま(閉園の方向)でいいと思っている人の声は小さいもの。少数の意見も聞いて欲しい。
・栄幼稚園に入園させたかった。願書を出したときに閉園が決まっているかのような話であきらめざるを得なかった。
・存続の動きがあるが、存続となってもいつまで続くかわからないという不安もある。
今回の懇談会について ・今回の懇談会の情報について、友人のグループLINEで知った。参加したくてもできない人がいた。周知方法、開催時間を工夫して欲しい。
・午前の時間帯では保育所に預けている保護者は来られない。
・市長と直接話がきる機会はなかなかない。このような会を設けてもらってありがたい。
・いままでにない懇談会。ざっくばらんに話ができることがありがたい。
・長くこの会を続けて欲しい
学校給食について

・学校給食費について、三笠市では無償化されている。美唄ではできないのか。
・4月に転入してきたが小学生の息子が美唄の給食はとても美味しいと言っている。

その他

・美唄を愛してくれるこどもを育てることが大切。
・美唄は水道代が高い。子育て世代は洗濯など水をよく使うので負担が大きい。
・三笠市は経済的支援が充実している。三笠や岩見沢に住んで美唄に通勤する人も少なくない。三笠に住むことも考えている。

・特段不自由を感じない。

高橋保健福祉部長からの情報提供

8月から小学生の医療費について入院も通院も無償化されている。
美唄市受動喫煙防止条例について、国も法律を作っている中、美唄の条例をどうしようか市民委員さんに議論してもらっている。こどもさんや妊産婦さんを守る仕組みを美唄の条例のプラスしようと検討している。

天野教育長から 子どもたちは自分が住んでいるまちを深く知ることが大切。
教育委員会では農業体験ができるグリーンルネッサンス事業を行っている。これは美唄を知る事業として美唄独自の取組み。こういった取り組みを通じて自分の生まれ育ったまちを愛し、市外に出ても自慢できるふるさとを作っていきたい。
学校教育の中では自分のふるさとを知る、自分が育った環境を知る。そういったこと大切にしながら美唄ならではの教育を進めていきたい。
板東市長から

われわれの仕事は裏方で市民の暮らしがよくなることが仕事の価値だと考えている。

元気な人は頑張っていけるもの。困っている人に手を差し伸べたり地域の課題を解決していける社会を作っていきたい。

明らかに他のまちに比べて遅れていくことがあれば改善したい。
また、美唄らしさ、美唄にしかできないことは維持存続し、いつか子どもたちがこのまちに暮らしたいと思ってもらえるようなまちづくりをしていきたい。

 

 ○11月10日開催の第2回目の開催結果

 

お問い合わせ

企画広報課
企画係
電話:0126-62-3137
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ