美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

令和2年度 美唄市木造住宅解体助成金のご案内

2019年5月7日

 木造住宅解体助成の目的

 市内にある旧耐震基準木造住宅の解体工事を行う所有者に対し、その費用の一部を助成する制度です。

木造住宅の耐震化の促進及び耐震化率の向上を図り、震災に強いまちづくりを促進することを目的としています。

 

 

 対象となる住宅

 (1)昭和56年5月31日以前に着工した2階建てまでの自己が所有する、1戸建ての専用住宅、兼用住宅(住宅と店舗等の他用途を兼ねていて、住宅部分が床面積の1/2以上のもの)、長屋住宅、共同住宅であること。

 (昭和56年6月1日以降に改築又は増築をしていないもの)

 

 (2)耐震診断結果の数値が1.0未満であるもの。

     ※美唄市無料耐震診断についてはこちらをご覧下さい。

 

 (3)過去に耐震改修に係る助成金の交付を受けていないこと。

 

 (4)住宅所有者が異なる場合、又は住宅を共有している場合は、解体を行うことについて、いずれも所有者、共有者全員が同意しているもの。

  

 

 対象となる条件

 (1)助成対象住宅を市内に所有する個人であること。

  ※助成対象住宅が共有の場合は、当該共有者全員の合意によって選ばれた代表者

 

 (2)所有者世帯全員が市税(市民税、固定資産税、軽自動車税及び国民健康保険税)を滞納していないこと。

  ※市外在住の所有者が申請する場合はその所有者が在住する市町村の納税証明書が必要です。

  

 (3)美唄市内に主たる事業所(本社及び支店等)を有する解体施工業者によるもの。

  解体工事の建設業許可番号又は北海道知事の解体工事者登録番号を有する業者であること。

 

 

 対象外となる工事

 (1)木造以外の住宅

 (2)既に倒壊している住宅

 (3)住宅以外の離れ、車庫、納屋等及び住宅に付属する工作物

 (4)住宅に付属しない設備機器

 (5)公的補償等、国や地方公共団体の助成を受けていない住宅

   (6)1棟全てを解体しないもの(一部分の解体)

 (7)家財道具及び敷地内の庭木、門、塀、舗装、ロードヒーティング等

 (8)浄化槽、融雪設備等の地下埋設物

 (9)撤去及び解体後に伴う敷地の盛土、舗装、柵及び塀等の付属工作物設置

 (10)事務手数料及び登記等の手数料

 (11)法人所有の住宅

    ※その他にも対象外となるものもあります。

   不明な点は都市建築係へ事前にお問い合わせ下さい。

 

 

 助成金の額

  助成の金額は、解体に要した額の5分の1に相当する額とする。

 ただし、20万円を限度とする。

 

 

 助成の回数

 1所有者に対し、1住宅1回とする。

 

  

 助成金の申請手続きについて 

 (1)申請書の配布、相談、申請窓口

   美唄市役所2階 都市整備部都市建築住宅課都市建築係

   (電話)0126-63-0139

 

(2)申請受付開始

   令和2年5月7日(木)より受付します。

 

(3)助成の申請に必要な書類

申請書類

様式、注意事項

 1.助成金交付申請書

 「別記様式第1号」

 2.委任状(任意様式)

  委任状.doc(44KB)

※申請を委任される場合

 3.同意書

  同意書.doc(52KB)

 4.住民票謄本 

 所得者世帯全員 

 ※所有者が複数の場合は、所有者全員の住民票

 5.付近見取図

 地図の写し等 

 6.建物に関する図面 

 配置図、平面図(面積、筋交い等確認できるもの)

 7.見積書

 解体工事費見積書

 ※ 施工業者等が作成し、押印したもので明細のあるものが必要です。

 8.外観写真 

 撮影日が確認できるもの

 9.耐震診断報告書 

 ※ 美唄市無料耐震診断実施時は不要です。

 10.耐震診断実施者免許写し   

 ※ 美唄市無料耐震診断実施時は不要です。

 

 11.登記事項証明書

 

 建物の全部事項証明又は現在事項証明書

 ※ 未登記で登記事項証明書が取得できない場合は

固定資産課税台帳記載事項証明(建物のみ)

・固定資産税納税通知書写し(建物のみ)

・名寄帳兼課税台帳(建物のみ)

のいずれかが必要です。

 12.印鑑証明書

 住宅所有者全員

 13.解体工事施工者許可書

 

 ※  承諾書 

 所有者が複数の場合は下記の承諾書が必要です。

  承諾書(63KB)

 ※  納税証明書 

 市外在住の所有者がいる場合

  ※この他にも必要な書類を提出していただくことがありますので、不明な点は都市建築係にご確認ください。

  

 内容に変更が生じたとき

 変更交付申請書(別記様式第3号)に下記の書類を添付して申請して下さい。

  (1)変更後の業者見積書

  (2)変更内容が確認出来る図面

    (3)その他市長が必要と認める書類

 

 

 着手について

 工事に着手したときは、着手届(別記様式第5号)を提出してください。
 解体助成金交付決定通知書が通知される前に、工事を着手しているものや解体が完了しているものは、助成の対象になりませんのでご注意ください。

 

 

 期限について

 令和3年2月26日(金)までに工事を終了し、手続きが完了すること。

 ※ただし、予算がなくなり次第終了となりますので、事前にご確認ください。

 

 

 中止について

 交付決定を受けた工事を中止しようとするときは、中止届(別記様式第6号)を提出してください。

 

  

 助成金交付の手続きについて

 工事完了後、(別記様式第7号)に下記の書類を添付して提出していただき、助成金を交付します。

  (1)解体中及び解体後の写真

  (2)工事請負契約書の写し

  (3)その他市長が必要と認める書類

 

 

 提出様式 

 

別記様式第1号

 木造住宅解体助成金交付申請書

Word(33KB)

 PDF(77KB)

別記様式第3号

 木造住宅解体助成金変更交付申請書

Word(31KB)

 PDF(60KB)
別記様式第5号

 木造住宅解体工事着手届 

Word(30KB)  PDF(57KB)

別記様式第6号

 木造住宅解体工事中止届

Word(30KB)  PDF(57KB)
別記様式第7号

 木造住宅解体工事完了報告書

Word(35KB)  PDF(62KB)

 

 

kaitaifuro.jpg

 

関連ワード

お問い合わせ

都市建築住宅課
電話:0126-63-0139
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ