美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

健康日本21推進 びばい大会を開催しました

2018年10月30日

10月27日(土) 美唄市総合福祉センターにて 健康日本21推進 びばい大会
「予防は治療に勝る~笑いと受動喫煙防止のススメ」を公益社団法人健康づくり財団と共催で開催しました。

 

開会では美唄市髙橋幹夫市長と健康づくり財団岡山事務局長にあいさつをいただいたのち、札幌よしもと芸人 しろっぷ トークショーで 会場いっぱい「笑い」が溢れました。

 

挨拶.jpg しろっぷ.jpg

 

受動喫煙については、市立千歳市民病院内科濱田邦夫医師による「受動喫煙と健康被害~ますます気になる他人のタバコ~急増する加熱式タバコへの対応は?」と題し、親のタバコで増える子どもの病気や障がい、夫のタバコの影響で同居家族にがん、脳卒中、心筋梗塞などの病気が増えること、また、タバコによる経済的な損失についてデータや身近な実例をまじえ話していただきました。加熱式タバコは、煙は出ませんがニコチン以外のさまざまな成分が発生し、健康への影響、安全性は明確になっていないため、紙巻きたばこと同様に有害であるととらえていいことを示していただきました。

 

濱田先生.jpg  座談会.jpg

 

 

座談会では「空気のおいしい健康びばいをめざして」というテーマで、美唄市医師会井門先生が進行され、美唄市長は、「こどもが乗っている車内で保護者がタバコを吸うことで、こどもへの影響は深刻。子どもの健やかな成長を願い、理解を求める働きかけや環境整備をさらに進めていく必要がある」と話され、濱田先生は、「こどもの健康と命を守るため、妊婦さんの禁煙支援について取り組んでいただきたい」、しろっぷのじゅんぺいさん、ひろしさんは自分の健康は周りの人の幸せにもつながる、と笑いを交えてメッセージを届けてくれました。

 

悪天候の中参加いただいた皆様、関係者の皆様にお礼申し上げます。

 

 

お問い合わせ

健康推進課
電話:62-1173
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ