美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画

2018年7月17日

平成30年6月6日に施行された「生産性向上特別措置法」は、今後3年間を集中投資期間と位置づけ、中小企業などの生産性革命の実現のため、市区町村の認定を受けた中小企業などの設備投資を支援するものです。

美唄市では生産性向上特別措置法に基づく「導入促進基本計画」を策定し、平成30年6月22日付けで国の同意を得ました。

制度の詳細や最新の情報は、中小企業庁ホームページや北海道経済産業局ホームページをご覧ください。  

 

美唄市の導入促進基本計画

•労働生産性に関する目標:年率3%以上向上すること
•対象地域:美唄市内全域
•対象業種・事業:すべての業種及びすべての事業
•導入促進基本計画の計画期間:国の同意の日から3年間
•先端設備導入計画の計画期間:3年間、4年間または5年間

 

   美唄市導入促進基本計画(376KB)

 

支援措置

  ○固定資産税の特例

「先端設備等導入計画」の認定を受けた中小企業者のうち、 一定の条件を満たした場合、固定資産税の特例を受けることができます。美唄市では本制度による固定資産税の特例率をゼロにします。

 

 ○固定資産税の特例の概要

 youken2.PNG

 

 ○補助金の優先採択などについて

  「固定資産税ゼロの特例」を措置した地域で、当該措置対象の事業者は、各種補助金の採択の審査時に加点の対象になります。

 各種補助金の詳しい内容は、中小企業庁ホームページをご確認ください。

 

先端設備等導入計画

 「先端設備等導入計画」は、生産性向上特別措置法に定められた中小企業者が、設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。計画策定には、経営革新等支援機関の事前確認が必要です。

 「先端設備等導入計画」の概要や様式など、詳細は北海道経済産業局のホームページをご覧ください。

 

 【参考】
先端設備等導入計画策定の手引き

 

 

関連リンク

 中小企業庁ホームページ(外部リンク)

 北海道経済産業局ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

経済振興課
商工労働係
電話:0126-63-0111
ファクシミリ:0126-62-1088
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ