美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

移住・定住 移住者への助成制度(美唄市移住・定住促進助成金)

2018年5月23日

本市へ転入された移住者の方(一部、定住者の方)を対象に助成を行い、移住・定住人口の増加を図ることを目的としています。すべての助成制度は3年以上美唄市に定住する意思を有する方が対象となります。各制度の要件等をご確認の上、対象となると思われる方は、申請前に必ず、美唄市総合政策課(0126-62-3137)までお問合せください。

 

 美唄市移住・定住促進助成金について(1MB)

 

住宅助成

jyutaku.png

 

【対象者】 
  1.市外から土地付きで新築住宅を建設、または分譲住宅や中古住宅を購入して市内に転入された方
  2.市外から市内のアパートなどに仮住まい(住民票を移動)し、1年以内に土地付きで新築工事契約、または中古住宅などの売買契約をされた方
  ※1の場合は転入の日から1年以内に申請、2の場合は転居の日から1年以内に申請が必要
  ※転入の日以前1年間において市内に住所を有していた方は除きます。

 

【要件】
・土地・
建物ともに3親等以内の親族以外から購入したものであること。
・新築の場合は土地の購入後、3年以内に建設した物件であること。
・対象住宅の居住面積が60平方メートル以上で、助成対象者が所有権保存登記上の本人であること。
・申請者は土地登記名義人及び建物登記名義人であり実際に居住すること。
・中古住宅はS56.6.1以降建築のもの又は耐震性能が建築基準法、その他関係法令の規定に適合しているもので建物購入価格が100万円以上であること。
・対象住宅に居住する全ての者が本市に納入すべき税、使用料等を滞納していないこと。
・助成対象者は、助成金の交付を申請した日において、本市の住民基本台帳に登録されている方で、助成金の交付を受けてから3年以上美唄市に定住する意思を有する方であること。

 

 

通勤費助成

 tukin.png

【対象者】(次の全ての要件を満たしている方)
・平成29年4月1日以降に市内に転入された方
・JR美唄駅からJR札幌駅間の特急定期券を利用し、札幌市内の勤務地まで通う方
※転入の日以前1年間において市内に住所を有していた方は除きます。

 

【要件】
・申請者が本市に納入すべき税、使用料等を滞納していないこと。
・助成金の交付申請日において、本市の住民基本台帳に登録されている方で、
 転入した日から3年以上定住する意思を有する方であること。

 

 

市所有分譲地助成

 bunjyo.png

※市所有分譲地の場所や分譲価格など詳細についてはこちら⇒美唄市宅地分譲情報

 

【対象者】(次の全ての要件を満たしている方)
・市外から移住された方、美唄市内に在住されている方
・市所有分譲地を購入後、3年以内に住宅を建設し、居住される方

 

【要件】
・新橋団地及びつつじ団地を購入し、購入後3年以内に住宅を建設し入居後1年以内に申請すること。
・居住が原則であるため工場・店舗等は対象外。ただし店舗等と住居の併設の場合は、住居の床面積が店舗等の床面積の1/2以上であること。また、アパート等の集合住宅も対象外とする。
・分譲地を購入した者はその後建設する住宅に3年以上居住(住民票も異動)することとし、土地の購入者(契約者)と土地登記名義人及び建物登記名義人は実際に居住すること。(共有名義含む)
・新築する住宅の居住面積は60平方メートル以上であること。
・対象住宅に居住する全ての者が本市に納入すべき税、使用料等を滞納していないこと。
・平成30年5月1日以降に市所有分譲地の売買契約を締結した者であること。

 

 

冬期間間口除雪等助成

 josetu.png

【対象者】 (次の全ての要件を満たしている方)
・特別豪雪地帯及び豪雪地帯以外から移住された方
・冬期間(11月~3月)の間口・アプローチの除雪、
 屋根の雪下ろし及び排雪のうち、いずれかまたは複数を市内業者へ委託された方

 

【要件】
 ・申請者は土地登記名義人及び建物登記名義人であり実際に居住すること。
 (新築住宅または中古住宅を含み共有名義も含む)
・対象住宅に居住する全ての者が本市に納入すべき税、使用料等を滞納していないこと。
 ・新築住宅または中古住宅を購入した後、その住宅に3年以上居住(住民票も異動)すること。
 ・平成30年4月1日以降に市内業者と除排雪等の契約を締結した者であること。

お問い合わせ

総合戦略室総合政策課
電話:0126-62-3137
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ