美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

交通事故などになったとき(第三者行為による届け出について)

2018年3月30日

 

 交通事故など第三者の行為で負傷し、保険診療により治療を受けた場合、原則その医療費は加害者が負担するもので、国民健康保険は加害者(相手)に代わって一時的に治療費を立て替えているものです。
 その立て替えた医療費を加害者に請求するために、「第三者行為による傷病届」の提出が必要となります。届け出がない場合、加害者または加害者が加入する保険会社に対して国民健康保険からの請求ができないため、保険証を使用して治療を受ける場合は必ず国民健康保険係にご連絡の上、届け出を行ってください。

 

届け出が必要な例

 ・交通事故(自転車同士の事故、自転車と歩行者の事故も含む)

 ・他人の飼っているペットなどによる負傷

 ・加害者より一方的に暴力を受け、負傷等をした場合

 ・飲食店等で発生した食中毒などによる傷病

 ・スキー、スノーボード等での衝突や接触事故

 

 

届け出に必要なもの

 ・第三者行為による傷病届  記載例

 ・事故発生状況報告書  記載例

 ・念書兼同意書(被保険者記入)  記載例

 ・誓約書(相手方記入)  記載例

 ・交通事故証明書

  (自動車安全運転センター発行のもの。最寄りの警察署にお問い合わせ下さい)

 ・人身事故証明書入手不能理由書

  (交通事故証明書が人身事故扱いではない場合。保険会社に提出したものの写しでも可)

 

 

示談をする前に

 治療継続中に、加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませてしまうと示談の内容が優先されるため、国民健康保険が使えなくなることがあります。
 示談を結ぶ前にご相談ください。

 

  

負傷原因の照会について

  国民健康保険では医療費を適正に給付するため、医療機関からの請求書(診療報酬明細書)の確認を行っています。
  確認の結果、交通事故などの第三者行為による傷病の可能性がある場合には、負傷(傷病)原因のお問い合わせをさせていただいています。
  お手元に「国民健康保険の保険給付に係る負傷原因の確認について」という文書が届いた場合、お手数ですがご回答をお願いします。

 

関連ワード

お問い合わせ

市民課
国民健康保険係
電話:0126-62-3144
ファクシミリ:0126-62-1088
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ