美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

プラスチック製容器包装ごみの品質検査について

2018年12月20日

 

プラスチック製容器包装ごみの品質検査が実施されました。 

 

 市では、回収したプラマークがついたプラスチックごみ(資源ごみ)(財)日本容器包装リサイクル協会を通しリサイクルをしており、年に1回、同協会による品質検査が行われます。

 

 品質検査は、引き渡しをしている美唄市のプラスチックごみを抽出して、適正な分別率が95%以上、または90%以上かつ前年度より2%以上改善している場合に、(財)日本容器包装リサイクル協会から美唄市に拠出金が支払われます。
 
 プラスチックごみは、今年度は新日鐵住金(株)室蘭製鐵所にて、炭化水素油、コークス、コークス炉ガスにリサイクルされています。 

プラスチックリサイクル.JPG(149KB)
 今年度の検査結果は、昨年度より約1ポイント下がってしまい分別率約93%でありました。

 また、汚れが付着している袋やトレー、プラマークのないフリーザーバッグやシップ薬のフィルムなどの混入も依然として多く、また、危険品であるガラス片やインシュリン注射器(医療系廃棄物)の混入もありました。
 
 分別率が低い場合は、引き取りを拒否される可能性があります。また、美唄市リサイクルセンターの処理機の故障にも繋がります。適切な分別と排出にご協力をお願いいたします。

 
 検査日 平成30年11月28日(水)
 場 所 新日鐵住金(株)室蘭製鐵所
 内 容
 1.破袋度調査(ごみ袋がどれくらい破かれているかを調査)
  ・破袋されていないごみ袋の数:21個(昨年度11個)

   判定:B

 

 2.品質検査(容器包装比率)
  ・問題ないもの         93.48%(昨年度94.62%)
  ・汚れが付着しているもの      2.13%(昨年度  2.77%)
  ・指定収集袋            1.01%(昨年度  1.01%)
  ・ペットボトルの混入        0.02%(昨年度  0.16%)
  ・他素材の混入             0.26%(昨年度  0.23%)
  ・プラスチック製品の混入      2.07%(昨年度  0.93%)
  ・その他の異物の混入          1.03%(昨年度  0.28%)
          不適合物の合計   6.52%(昨年度  5.38%)
   判定:A
 
 3.危険品

  ・ガラス片、ペン型インシュリン注射器(昨年度:ライター2個、カミソリ1本)
   判定:D

 

検査対象のベール(3個)

2018サンプル

 

ベールを解体して、リサイクルできる素材かをチェックします。

分解

 異物や汚れているごみを選別します。

選別

 

 汚れの付着したプラスチック製容器包装です。

汚れが付着したプラごみ

 ・惣菜トレーや弁当容器に食品が付着している
 ・袋にお菓子やペットフードが入っている
 ・マヨネーズなどのチューブをすすいでいない
 ・レトルト食品の中身が残っている など
  汚れた容器を圧縮すると、他のきれいな容器まで汚くなってしまいます。
  食べ物の汚れは洗うなどして取ってください。

 

 ペットボトルが入っていました。

ペットボトル製品

 

 紙などの素材の容器包装が入っていました。

紙ごみ

 

 容器包装以外のプラスチック製品(プラマークが付いていないもの)が入っていました。

容器包装プラスチック以外のごみ

 フリーザーバッグやシップ薬のフィルム、プラマークのない袋の混入が多くみられました。

 

紙、割り箸などの木くず、金属類などが入っていました。

その他異物

 

ガラス片などが入っていました。

危険ごみ

 

ごみ袋が二重袋になっていました。

 二重袋1

 

 来年度は分別率95%以上、危険品混入ゼロを目指しますので、市民の皆さんには引き続き、適切なごみの分別にご協力をいただきますよう、お願いいたします。

お問い合わせ

生活環境課
環境係
電話:0126-62-3145
ファクシミリ:0126-62-1088
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ