美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

2016協働事業:出前授業2016(北海道美唄尚栄高等学校)

2016年12月9日

 

出前授業2016(北海道美唄尚栄高等学校)

 恒例になりました「美唄尚栄高校」への出前講座は

「次代を担う若者に対する質の高い教育の提供」を目指し

【美唄サテライト・キャンパス運営協議会】と美唄尚栄高校・御協力各大学とで

開催されている協働事業です。

 

今年度の最初の講座は札幌国際大学の御協力で

 10月20日(木)【美唄で考える;美唄で探す;美唄のタカラ】と題し

   札幌国際大学 観光学部 国際観光学科  河本 光弘 教授     で開催されました。

学問的分析方法を高校生にも解り易く講義し2時間の観光学の出前講座が開催されました。

DSC_5248p.jpg

 

第2回目の講座は11月8日(火)札幌大學の御協力で【アイヌの歴史と文化】と題し

 札幌大學 文化学系 本田 優子 教授

DSC_5382p.jpg

アイヌの言語がもつ深い世界観とアイヌの歴史、世界的にみた少数民族を巡る最近の動向を高校生にも解り易く楽しく講義して頂きました。
 
第3回目(今年度の最終回)は12月8日(木)札幌大谷大学の御協力で
【震災時におけるボランティアのはたらきと役割】と題し札幌大谷大学
 社会学部地域社会学科 西浦 功 准教授の講座が開催されました。
nishiura.jpg
 自由人が連携するボランティア現場を想定し、実際の災害現場で迫られる
沢山の判断を想定した訓練授業がなされました。
平等なスタッフ同士が理由ある意見を出す事が求められ、担当高校教員も
スタッフの一員として訓練に参加していました。
最良の判断をするには少数でも理由ある意見が尊重される事、固定観念を排する
柔軟な発想が大切な事。ゲーム・クイズを交えた楽しい2時間でした。

 

 いづれの講座も世界的視点にたっており、学問の最前線の動向・分析方法の披露は、次代を担う若者に刺激を与え得ると思います。


 

 

お問い合わせ

生涯学習課
サテライト・キャンパス推進室
電話:0126-63-0133
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ