美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

幼児期の運動遊び(アクティブ・チャイルド・プログラム)

2016年11月25日
運動遊び.JPG

 

 幼児にとってからだを動かして遊ぶことは、心身の発達にとても大切なことですが、現代の社会では、環境やライフスタイルの変化に伴い、昔とくらべ幼児が伸び伸びとからだを動かして遊ぶ時間や場所が減少しています。このため美唄市では、多くの幼児に運動遊びの機会を提供し、健やかな成長を促していけるよう、市内の保育施設での運動遊びの普及促進に取り組んでいます。

 

  幼児期における運動の効果

 

 

幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム

 「幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム」は、日本体育協会が制作した幼児向け運動遊びのプログラムで、楽しみながら様々なからだの動きを身に付け、また、豊かなこころを育んでいけるよう、幼児期の発達段階に応じた運動遊びの展開例や指導方法などを取りまとめています。

 

 美唄市では、このプログラムに基づく運動遊びを市内の保育施設に普及させるにあたり、2016年7月に日本体育協会から講師を招き、保育園や幼稚園の先生などを対象に、幼児期における運動の必要性や効果、指導方法などを学ぶ講習会を開催しています。

 

幼児期からのアクティブチャイルドプログラム講習会

 

 ▶日本体育協会の「アクティブ・チャイルド・プログラム」総合サイト

 

 

市立ピパの子保育園の運動遊び(アクティブ・チャイルド・プログラム)

  市立ピパの子保育園では、大中小3つの屋内ホールや広々とした屋外運動場など充実した環境と、日本体育協会のアクティブ・チャイルド・プログラム講習会を受講した保育士のもと、園児が思いきり伸び伸びとからだを動かし、様々な動きを身に付けることができるよう、運動遊びを日々の保育に積極的に取り入れています。また、多くの友達とコミュニケーションを取り合いながら園児が夢中になって楽しめるよう行っており、身体機能や運動習慣の向上だけでなく、協調・協力することの大切さや何事にも積極的に取り組む意欲を育むなど、園児の健やかな「からだ」と「こころ」を育んでいます。

 

  ▼豊富な種類の鬼遊び・伝承遊び     ▼投げる・とるの動きの練習

  運動あそび 運動遊び

  ▼様々な形式で行うリレーゲーム     ▼大人気の新聞紙ボールを使ったゲーム

  運動遊び 運動遊び

  ▼ボール運動教室            ▼サッカーのミニゲーム

  サッカー教室 サッカー教室.JPG

  ▼体育教室               ▼体育教室

  体育教室.JPG 体育教室.JPG

  

 

市立ピパの子保育園の「運動遊び」がスポーツ情報誌で紹介されています

スポーツジャパン表紙.JPG

 

 市立ピパの子保育園の運動遊び(アクティブ・チャイルド・プログラム)や美唄市の取り組みが、全国に先駆けた先進モデルとして、スポーツ情報誌「Sports Japan」(2016年11月発行号)で紹介されました。

 

 ▶表紙画像をクリックすると掲載記事をご覧になれます。

 

 

 

 

 

 

  

関連ワード

お問い合わせ

こども未来課
電話:0126-62-2131
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ