美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

移住・定住 移住者の体験談 K.Tさん夫婦

2016年3月11日

◆K.Tさん夫婦

いつ頃、どちらから移住されましたか?

 平成26年晩夏に、北関東から

 

美唄市に移住された「きっかけ」は?

 私は就職を機に関東に出ましたが、出身が北海道の三笠市でそこに家族も住んでいるため、いつか北海道にUターンしたいと思っていました。当初は他市を検討していましたが、私は車生活に慣れていても、南関東出身の妻は基本電車・バス生活で運転に不慣れなこともあり、札幌等への交通アクセス・お互いの実家へ行きやすい条件等で移住先を再検討した際に、条件に見合った物件を美唄で見つけたため、美唄に住むことを決めました。助成金制度があったことも選んだ理由に入っています。

kitakantouniaruekimae.jpg          mikasa_katurazawako.jpg                    

         北関東にある駅前                                三笠市桂沢湖 

 

美唄市のイメージはいかがですか?

 私は美唄の隣町・三笠出身で学生時代はあまり治安が良いイメージはありませんでした()

現在はそのような事も無く安心ですが、犬の散歩やタバコ、電車への乗車時など、一部、マナーの悪い人がいるのは残念です。

 妻は移住するまで全く情報がなかったようですが、友人から教えてもらった唯一の情報は「焼き鳥が美味しい」ということだったようです。

 調べてみると道内屈指の米処であり、ハスカップ生産量日本一等、実に素晴らしい地域であることを知り、焼き鳥以外にももっとアピールする事があるのでは?と思っています。

bibaikokusetusukiijou.jpg     JRbibaieki_yoru.jpg    

      美唄国設スキー場                              JR美唄駅              

 

美唄市の生活はいかがですか?

 徒歩圏内に駅やスーパー、ドラッグストアなどの店舗、公園、病院・役所・金融機関などの公共施設もあるため、普段の日常生活はほとんど困りません。以前の居住地より便利になりました。空気の良さ、緑の多さ、水野菜の美味しさ、治安の良さも魅力的です。子育てもしやすそうですね。市の計画づくりに市民の意見を積極的に反映することも素晴らしいと思っていますが、皆がみな市長と直接対話をする場に参加出来るわけではないので、随時ホームページなどで提案出来る機会があるとより良いのではと思います。

 ただ、外食先(特にチェーン店)が少ないのは寂しいです。食費は抑えられますが、気軽に食べに行くとなると隣町の岩見沢まで出掛けなければならないのがネックです。経済面ではテレビでも話題になるほど値上がりした水道代が正直辛いです。

 春は桜の群生が見られ、梅雨もなく夏は涼しく快適。秋は短いですが紅葉や黄色く実った田んぼで季節感を感じられます。冬は車で20分程度も掛からず行ける雪質の良い市内のゲレンデでスノーボードを楽しめる贅沢を満喫しています。ただ平地に降る雪も多いので、共働きで帰宅してからの雪掻きは大変なこともありますが、夫婦で協力しながら頑張っています(折角庭の雪を綺麗に除けても道路の除雪が入り、翌朝家の前にどっさり置かれているのを見ると気分が萎えることがしばしばですが・・・)

 妻のオススメスポットは「アルテピアッツァ美唄」だそうです。よく1人で出掛け、芸術作品と四季の融合を楽しんでいるそうです。

arute_aki.jpg     arute_fuyu.jpg

         アルテピアッツァ美唄 秋                        アルテピアッツァ美唄 冬 

 

地域との関わり等についてはいかがですか?

 近所の方は明るく挨拶してくださる方ばかりです。本州の田舎付き合いのような感じは無く、ほどよい距離感で過ごせています。移住時にお世話になった業者さんや宅配便の方なども気にかけてくださり、とても助かっています。町内に移住してこられた方もいるので、安心感もあります。

 家を見つけてこちらに移住できたのも何かの縁と思い、美唄または南空知地域で就職を考えましたが、条件に合う就職先が見つからず、夫婦共に札幌方面で仕事をしていることは残念に思うこともあります。

 妻が地元で勤務していた職場には北海道出身の同僚が何人もいたそうです。北空知出身の人は「いずれ地元に帰りたいと思っているが、就職先がなく難しいかもしれない」と言っていたそうです。また、市内の高校に通う学生から「美唄には就職先がないから都心に出るしかない」との話しも聞いたそうです。せっかく美唄で育ってもほとんどの若者が都心に出て行ってしまうのはとても勿体無いことだと思います。美唄にある学校から、将来この地域を良くしたい、活躍したいと思ってもらえるような人材を輩出し、ここで就職したい・いずれ帰ってきたいと思っている人を受け入れられる受け皿を作っていって欲しいと思います。

 地方創生は、「まち・ひと・しごと」と言われていますが、働いて収入を得て、生活をしていける地域でなければ人は集まりません。人材確保・移住定住を促進するためにも、地域にある資源をどう使っていくかを考える必要があるかと感じています。

 

移住者の体験談 概要へ 

美唄市移住・定住 トップ画面へ

関連ワード

お問い合わせ

総合戦略室総合政策課
総合政策係
電話:0126-62-3137
ファクシミリ:0126-62-1088
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ