美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

宮城県の応援情報

2016年1月27日

宮城の観光

伊達政宗像

西行戻しの松公園の桜

松島四大観

■仙台城址(青葉城址)

・伊達政宗公騎馬像

<仙台市>

 伊達政宗公が天然の要害の地に築いた仙台城(青葉城)。明治維新の際、本丸が取り壊され、現在は石垣と再建された隅櫓が残るのみ。

 天守台の政宗公騎馬像近くから仙台市街を一望できる。

 

■西行戻しの松公園の桜

<松島町>

 

 公園は高台にあるので松島湾を一望できます。4月中旬から5月上旬にかけて園内のソメイヨシノが咲く姿は見事。

 

 ■松島四大観

<松島町・東松島市・

七ヶ浜町>

 松島の260余の島々を満喫できる、ビューポイントが4カ所ある。松島町の扇谷、富山の2つと、東松島市鳴瀬の大高森、七ヶ浜町の多聞山。それぞれ違った趣の景観美が楽しめる。

 

白石川堤一目千本桜 宮城県慶長使節船ミュージアム  蔵王エコーライン

■白石川堤一目千本桜

<大河原町・柴田町>

 

 三分の一が樹齢80年を超える、合計約1,200本のソメイヨシノの並木が春風に揺れる“桜のトンネル”!!

 毎年全国から30万人以上の人出で賑わう東北を代表する桜の名所。4月上旬から咲き始める。

 

■宮城県慶長使節船

ミュージアム

<石巻市>

 1613年(慶長18年)、支倉常長ら慶長遣欧使節一行を乗せたサン・ファン・バウティスタ号が太平洋へと出帆した。

 この木造洋式帆船を復元。渡波、石巻港を眺める海に、400年の時を経て甦った復元船が悠然と浮かんでいる。

 

■雪の回廊

蔵王エコーライン開通

<蔵王町>

 1613年(慶長18年)、支倉常長ら慶長遣欧使節一行を乗せたサン・ファン・バウティスタ号が太平洋へと出帆した。

 この木造洋式帆船を復元。渡波、石巻港を眺める海に、400年の時を経て甦った復元船が悠然と浮かんでいる。

 

みやぎ蔵王の水仙 徳仙丈山のつつじ 世界谷地原生花園

■みやぎ蔵王の水仙

<蔵王町>

 

 4月下旬~5月中旬ころが見ごろ。ゲレンデが約30種以上・50万株のすいせんに埋め尽くされ、みやぎ蔵王えぼしすいせん祭りも開催。

 ゴンドラの運行、残雪でのそり遊びや、すいせんの球根の販売なども行われる。

 

 ■徳仙丈山のつつじ

<気仙沼市>

 

 気仙沼市にそびえる標高711mの徳仙丈山は日本最大級のつつじの群生地。

 約50万本のヤマツツジ、レンゲツツジが新緑の山を朱紅色に染め、山頂からは、眼下に広がる太平洋のコバルトブルーと絶妙なコントラストを見せる。5月下旬から6月上旬。

 

 ■日本有数の湿原に咲く

世界谷地原生花園

<栗原市>

 栗駒山南麓に広がる、尾瀬や八幡平に並ぶ大湿原。ブナの原生林に囲まれ多くの高山植物が群生する。

 6月下旬~7月上旬ごろのニッコウキスゲは特に有名で、湿原一面に咲きほこる。

 

登米

   

■街角で江戸や明治に

出会う町「登米」

<登米市>

 町内には武家屋敷や蔵造りの商家が並び江戸のたたずまいを今に残している。

 また、明治をしのばせる教育資料館や警察資料館などハイカラな建物も点在している。

   

 

宮城物産関係

牛たん焼き キラキラ丼 宮城県産殻付カキ

■牛たん焼き

<仙台市>

 仙台発祥の食べ物の代表格といえば、牛たん焼き。

 牛たん焼きは、味付けした牛たんを炭火で焼いたもの。

 これに麦飯、テールスープが付いたセットが定番の人気メニュ-だ。

 店ごとに肉の味やセットのアレンジが違うのでさまざまな味わいを楽しむことができる。

 

■キラキラ丼

<南三陸町>

 南三陸町のシンボル的なご当地グルメ。

 町を挙げての取り組みが認められたのだ。

 「春告げ丼」(春)、「うに丼」(夏)、「秋旨丼」(秋)、「いくら丼」(冬)という四季の丼を、復興商店街などの店で、味わい尽くしてほしい。

 

■宮城県産殻付カキ

石巻魚市場で水揚げされたマダラ

仙台市中央卸売市場

復興へ 頑張ろう!みやぎ

■石巻魚市場で

水揚げされたマダラ

 宮城県の沿岸地域は、中央部にある牡鹿半島を境に、北はリアス海岸、南には砂浜海岸が広がる、変化に富んだ地形となっています。

 この地形を利用して、ノリ・カキ・ワカメ・ホヤ・ホタテ・ギンザケなどの養殖業、マグロ・カツオ・サンマ・タラ・ヒラメなどの漁船漁業が盛んです。

 一方で、沖合は親潮と黒潮がぶつかり魚がたくさんとれる海域となっており、金華山・三陸沖漁場は世界三大漁場の一つとしても有名です。

■仙台市中央卸売市場

 

 仙台市中央卸売市場では旬の食材を使った試食会、幼稚園ではランチパーティーと一緒に魚の勉強、東京池袋の宮城県アンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」では水産の日ウィーク販売会など、さまざまなイベントを開催しています。

 また、県内のスーパーや飲食店でも「みやぎ水産の日」にちなんだ取り組みを行っています。

 「みやぎ水産の日」には、ぜひ県産の水産物をたくさん食べて宮城の水産業を応援しましょう。

「復興へ 頑張ろう!みやぎ」

ロゴマーク

 

宮城県市長会長メッセージ

仙台市長奥山恵美子

 東日本大震災に係り、全国の皆様から温かいご支援を賜り感謝申し上げます。

 ご支援により復興しつつある宮城県内各地に足をお運びいただき、是非とも豊富な食材や自然、温泉、歴史など各市の魅力を存分に楽しんでいただきたいと思っております。

 皆様に安心して旅を楽しんでいただけるようおもてなしをすることが、更なる復興の励みとなりますので、今後も応援をお願いいたします。

 

宮城県市長会長 仙台市長 奥山 恵美子

関連ワード

お問い合わせ

総合戦略室秘書広報課
広報情報係
電話:0126-63-0113
ファクシミリ:0126-62-1088
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ