美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

美唄サテライト・キャンパス:平成27年度 産業系人材養成講座

2016年2月26日

 

◆講座のPDF一覧表はコチラh27kouza01.pdf(104KB)

(注)参加申込者の人数等によっては、会場が変更となる可能性がありますので、その際はご了承願います。
  

平成27年度 産業人材養成講座
 ◆観光とICT (全3回) 〔講座番号 1〕

 ICTとは「情報通信技術」のことを言いますが、特にここ数年はスマートフォンに代表されるように「どこでも・誰でも」インターネットにアクセスし必要な情報を得ることができるようになりました。観光行動を見ても自家用車やレンタカーを利用した「ドライブ観光」が急増しています。そのため、観光行動の自由度は飛躍的に向上し旅行中でも行ってみたいところがあれば、「いつでも・どこへでも」行けるようになり魅力的な地域情報を的確に観光客へ届けることができれば、従来では、あまり訪れなかった場所でも観光客を誘致する可能性がでてきています。本講座では、観光におけるICT利用の現状について分かりやすく解説するとともに、ICTを活用した情報発信についてワークショップ形式で考えていきます。
実施時間 18:30~20:00
講  座  名 実施日 実施場所 講師
1.観光ICTとは?
〔講座番号 1‐1〕
5月20日
(水)

ピパオイの里

プラザ
1階

多目的ホール

札幌国際大学

観光学部
宮武 清志 教授

2.地域情報発信について考える
 ~グループ毎に分かれて魅力ある地域情報、発信の方法について考えます~
〔講座番号 1‐2〕
5月27日
(水)
3.全体ワークショップ
 
~グループ毎に考えた企画を発表し合い、意見交換をします~
〔講座番号 1‐3〕
6月3日
(水)

 


 
 ◆目からウロコの手描きPOP実践術! (全4回) 〔講座番号 2〕

 今、街中に手描きPOPがあふれています。パソコンにもPOP文字があるのになぜでしょう? “そうだったのか!”という秘密をお伝えいたします。朝のたった5分で描いた1枚のPOPで売れなかった商品が売れる!?。経費をかけずに店内に季節感を演出するには—!。紙一枚で人材と商品のモチベーションアップ!?。これはすべてPOPで出来るお仕事です。まだまだ知られていない手描きPOPの技術と意外なノウハウをお伝えいたします。
実施時間 18:30~20:45
講  座  名 実施日 実施場所 講師
1.アイキャッチの秘密
 ~人の足を止める不思議な図形/基礎編~
〔講座番号 2‐1〕
8月26日
(水)

ピパオイの里

プラザ
1階

多目的ホール

POPジャパン
厚生労働省認定 1級POP広告クリエーター
星野 真実
2.見てしまうPOPと読まれないPOPの秘密
 ~キャッチコピー1行のマジック~
〔講座番号 2‐2〕
9月2日
(水)
3.あなたのお店が記憶に残る脳の秘密
 ~レイアウト、色、イラスト~
〔講座番号 2‐3〕
9月9日
(水)
4.全てのポジションで使えるPOPの秘密
 ~これまでに学んだスキルを使い自社使用のPOPを製作~
〔講座番号 2‐4〕
9月16日
(水)

 



 ◆食のブランド化について (全3回) 〔講座番号 3〕


 既存の販売ルートや販売方法で流通させることは、新しい付加価値を伝えるルートとしては相応しくありません。だれに売るのか、販売先を明確にし流通ルートをどう確立するのか、シーズよりニーズの把握が大切です。また、ブランド化を裏打ちする実態の整備(優位性の高い原材料の使用、質の高い生産技術、差別優位のある製品、意味のある販売方法の差別化)について考えます。
実施時間 18:30~20:00
講  座  名 実施日 実施場所 講師
1.身の丈にあった企業を巧みに利用する
 ~大手とタイアップした事業展開の利点・欠点、その手法とは?~
<規模感を合わせた企業との取り組み>

〔講座番号 3‐1〕
10月7日
(水)

ピパオイの里

プラザ
1階

多目的ホール

酪農学園大学

教育センター
鈴木 忠敏 特任教授

2.地域ブランドを作る
 ~地域の名前・産品をブランド化するには?~
<地域ブランドありきの生産・加工は、供給者のエゴになりかねない>
〔講座番号 3‐2〕
10月14日
(水)
3.びばいの「おいしい」の可能性
 ~これまで育ててきたブランド食品を、誰にどう発信していくのか?~
<他の商品との本当の違いを探る>
〔講座番号 3‐3〕
10月21日
(水)

 

 

Since 2012 美唄サテライト・キャンパス事務局

お問い合わせ

生涯学習課
サテライト・キャンパス推進室
電話:63-0133
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ