美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

アライグマについて

2015年8月31日

アライグマによる被害を防ぐために

○アライグマとはどんな動物

 北アメリカ原産で道内にはペットとして輸入されましたが気性が非常に荒いめ、飼い主が捨てたり、脱走たりしたものが野生化しました。 

 頭胴長は40~60cm、尾長20~40cm、体重6~10kg外見はタヌキと常に似ていますが、アライグマは眉の黒いスジや尾のしま模様があることや5本指の足あとを残すのでその違いを見分けることができます。

 生息環境は、水辺の森林地帯から農耕地、市街地まで多岐にわたり、夜性で寝場所はほとんどが家の天井裏や廃屋、物置などの建物内です。

 繁殖力が強く、メスは1年で成獣となり、1回の出産で4~6頭の子を産みます。

 国内では、天敵がいないた増え続けています。

 なお、アライグマは外来生物法において「特定外来生物」に指定されており、北海道においても野生アライグマの根絶を目標としており、原則、ペットとして飼うことや運搬・保管等が禁止されていまので十分ご注意願います。 

  

アライグマ手足

アライグマの前肢(左)、後肢(中)、足跡(右)

 

〇アライグマによる被害の状況について

・農作物被害

 アライグマは雑食性です。特にトウモロコシやスイカなどが好物で、農作物を食べあらします。

 

アライグマ被害3
トウモロコシは皮をむいて食べます


スイカは中身だけを器用に食べます


・家屋被害

 屋根裏に住みつくと、ふん尿による異臭やダニが発生し不衛生な状態になります。

・感染症や寄生虫を媒介

 アライグマ狂犬病やアライグマ回虫など、人体にうつると危険な病気を持っている可能性がありますので、ふん尿には直接触れないようにしてください。

 万一触れた場合は、せっけんでよく手を洗ってください。 

 


〇アライグマの被害を減らすためには
・生ごみなど餌となるものは外に出しておかない。やむを得ず、置く場合は、ふたのしっかりした丈夫
ものを用いる。

・ベランダの下や屋根裏、物置など侵入されやすい場所を完全にふさぐ。
・市では、箱わなの貸出を行っています。詳しくは農政課農政グループ
までお問い合わせください。

  

お問い合わせ

農政課
電話:0126-63-0114
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ