美唄市役所

〒072-8660 
北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

農業振興地域制度に関すること

2015年8月31日
 

農業振興地域制度

 農業振興地域制度とは、「農業振興地域の整備に関する法律」(農振法)に基づき、優良農地の確保を中心とした農業の振興を目指すための制度です。 

■農業振興地域整備計画について 
 農業振興地域整備計画は、農業振興地域内の農業に関する調査(農用地等の面積、農業就業人口、土地利用など)を行い、現況を把握した上で、農用地区域(農振農用地)とそれ以外の区域を設定し、将来の農業振興の方向を定めるものです。 
 農業振興地域内の農業に関する調査については、おおむね5年ごとに実施し、農業振興地域整備計画の見直しを行うことが法律で定められています。(法第12条の2) 

■農業振興地域とは 
 農業振興地域とは、農地の無秩序な開発を防ぎ、農用地の集団性を守るため、市街化区域と山間部を除いて指定された農地として守られた地域のことで農用地区域(農振農用地)とそれ以外の区域に区分されます。 

■農用地区域(農振農用地)とは 
 農用地区域(農振農用地)とは、農用地として利用すべきとされた集団的な優良農地の区域です。 

■農用地区域(農振農用地)の土地を農用地以外の用途に利用したい場合には 
 住宅や農業用施設などを建設するときには、農用地区域(農振農用地)からの除外等の申出が必要となります。なお、除外については、次の要件をすべて満たす必要があります。 

 1.農用地区域(農振農用地)以外に代替できる土地がないこと。 
 2.農用地の集団化、農作業の効率化や周辺の農地に支障がないこと。 
 3.農業用施設等の機能に支障がないこと。 
 4.土地改良事業等の実施地区の場合は、事業完了してから8年が経過していること。 
 5.除外後、他法令(農地法、都市計画法など)の許可の見込みがあること。 

 

関連ワード

お問い合わせ

農政課
電話:0126-63-0114
著作権免責事項個人情報保護

ページトップへ