◆講座のPDF一覧表はコチラ(496KB)

(注)参加申込者の人数等によっては、会場が変更となる可能性がありますので、その際はご了承願います。


 ◆迫る!富良野への道道開通-新たな観光展開のチャンス! 〔講座番号 1〕
 (全3回)  定員20名  受講料:3回一括 3,000円 1回 1,500円

~美唄富良野線の開通をケーススタディに~
 多額の投資をして多くの観光客を誘致するのではなく、地域の資源をそのまま活用したニューツーリズム(「花観光」や「体験型観光」など、テーマ性が強く、体験・交流の要素を取り入れた新しい形態の旅行)の推進が注目されています。
 現在、工事が進められている美唄富良野線の開通後のグランドデザインをケーススタディにしながら、ニューツーリズムの推進方策について、講師と受講者が一緒になって参加するワークショップを通じて考えてみたいと思います。

実施時間 18:30~20:00
講  座  名 実施日 実施場所 講師
1.「ニューツーリズムとは?」
〔講座番号 1‐①〕
5月23日
(金)
美唄商工会議所
2階第一会議室
札幌国際大学観光学部
 吉岡 宏高 教授
2.グループ別のワークショップ
~グループ毎に分かれて意見交換~
〔講座番号 1‐②〕
5月29日
(木)
美唄商工会議所
2階第一会議室
札幌国際大学観光学部
 吉岡 宏高 教授
3.全体ワークショップ
~受講者全員と講師と一緒になって考える~
〔講座番号 1‐③〕
5月30日
(金)
美唄商工会議所
2階第一会議室
札幌国際大学観光学部
 吉岡 宏高 教授
ページのTOPへ戻る


 ◆P.ドラッカーに学ぶマネジメントの王道 〔講座番号 2〕
 (全3回)  定員40名  受講料:3回一括 3,000円 1回 1,500円

~マネジメント理論を自分の仕事や業務に活かす~
 今や、企業や団体、行政等は重要な転換期を迎えています。その変化の時代を乗り切るためにも、マネジメントの力が必要不可欠なことは明白な事実です。ドラッカーのマネジメント理論は、決して机上の学問ではありません。仕事や業務を効果的・効率的に行うために理論と実践で体系化されたノウハウです。
 本講座では、ドラッカーの理論に裏打ちされた、マネジメント理論(仕事や業務における様々な資源や資産・リスクなどを管理し、効果を最大化しようとする手法)を学びながら、仕事や業務の進め方について勉強します。

実施時間 18:30~20:00
講  座  名 実施日 実施場所 講師
1.ドラッカーの『顧客創造』から始まるコミュニティ・ビジネス
〔講座番号 2‐①〕
7月11日
(金)
美唄商工会議所
3階 研修室
札幌大学経営学類
佐藤 郁夫 教授
2.事業の戦略プランの作り方
〔講座番号 2‐②〕
7月18日
(金)
美唄商工会議所
3階 研修室
札幌大学経営学類
中本 和秀 教授
3.魅力的な事業の戦略プランをつくろう!
〔講座番号 2‐③〕
7月25日
(金)
美唄商工会議所
3階 研修室
札幌大学経営学類
中本 和秀 教授
ページのTOPへ戻る


 ◆繁盛店の必須アイテム!それが手描きPOP(ポップ) 〔講座番号 3〕
 (全3回)  定員40名  受講料:3回一括 3,000円 1回 1,500円

~あのPOPスター参上!誰でも簡単に描ける制作&活用術~
 「ひとりの店員に匹敵する働き者」それがPOP(ポップ)です。紙を広告媒体としてその上に商品名と価格、またはキャッチコピーや説明文、イラストなどを手描きし、数ある広告媒体の中でも手軽なツールとして人気です。POPは個性的な店の雰囲気を作り上げる力があり、その商品、ひいては店舗の売上を左右するとまで言われるほど、実に優れた力を持っています。POPの実践的なノウハウを習得してみませんか。

実施時間 18:30~20:00
講  座  名 実施日 実施場所 講師
1.今なぜPOPが人気なのか?
~目からウロコのマーカーの使い方~
〔講座番号 3‐①〕
8月25日
(月)
美唄商工会議所
3階 研修室
札幌大学経営学類
沼澤 拓也 非常勤講師
2.日本全国のPOP事例を公開
~重要!POP作成3つのステップ~
〔講座番号 3‐②〕
9月1日
(月)
美唄商工会議所
3階 研修室
札幌大学経営学類
沼澤 拓也 非常勤講師
3.思わず買いたくなるキャッチコピー術
~実践!自店で使えるPOP制作~
〔講座番号 3‐③〕
9月8日
(月)
美唄商工会議所
3階 研修室
札幌大学経営学類
沼澤 拓也 非常勤講師

※手描きPOP実習も行います。
 マーカーや紙は、講師・協議会で準備します。受講者の皆さんは用具類の持参は不要です。


ページのTOPへ戻る


 ◆農産物の加工について  〔講座番号 4〕
 (全2回)  定員25名  受講料:2回一括 2,000円 1回 1,500円

~地域の魅力発信と6次産業化~
 道内市町村の実践例を参考にしながら、地域の農産物の特性を活かした加工について学びます。さらに、調理実習を通して農産物の新しい加工法についても学びます。

実施時間 18:30~20:00
講  座  名 実施日 実施場所 講師
1.大豆や野菜等の調理・加工に関して
~道内市町村の実践例を参考に~
〔講座番号 4‐①〕
10月7日
(火)
ピパオイの里
プラザ 1階
多目的ホール
酪農学園大学農食環境学群
筒井 靜子 准教授
2.大豆や野菜等を活用した調理実習
〔講座番号 4‐②〕
10月14日
(火)
ピパオイの里
プラザ 1階
多目的研修室
酪農学園大学農食環境学群
筒井 靜子 准教授

※調理実習に係る材料等は、講師・協議会で準備します。受講者の皆さんは材料の持参は不要です。

ページのTOPへ戻る

平成26年度講座

平成25年度協働事業

平成25年度講座

平成24年度協働事業

平成24年度講座